2006年09月27日

幼児落下事件続報

 予想通り今日、幼児落下事件があったウチの棟は、報道陣で囲まれた。
 早朝は1階エレベーターホールの前にギッシリ。通勤通学のため、出てくる人をつかまえては、情報を集めている。私は午前中外出しなかったため、その取材攻勢には合わなかったが、家で仕事をしていると、ついに彼らが訪ねてきた。
 ピンポ〜ン、ピンポ〜ンと、チャイムが鳴り続け。結局、ドアの外で話をすることになった。
 事件が起こった時の状況を話していると、各社の記者やカメラマンが集まってくる。もう、ほとんど囲み取材だ。私も同業のマスコミ関係者。取材の大変さは分かっているつもりだから、各社のみなさんに同じ話を何度もした。
 で、午前中は仕事はできずに終わり、今度は自分の取材のために外出。
 ある雑誌の企画で、書評家に秋の夜長に読むといいミステリー小説の紹介をしてもらうというものだ。
 その中で、船戸与一の「緋色の時代」が出た。この作品は、人がこれでもかこれでもかと殺される。私も船戸ファンだから、殺戮シーンには引き込まれた方だ。
 が、今日ばかりは、色あせて感じる。フィクションで800人殺されようが、現実で身近なところにいたひとりの子供が落下して死ぬことの方が、やはり衝撃は大きい。
 現実とエンターテインメントの重さの違いを痛感した。
 
posted by アイザワ at 00:09| Comment(41) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

さっき、ウチの棟で赤ん坊落下事件があった

 嫌〜な事件に遭遇した。
 私が住んでいる公団住宅(14階建て)で、さっき赤ん坊の落下事件があったのだ。パソコンに向かっていると、何かが落ちた音がした。外に出て下を見ると、「救急車を呼んでください! 赤ちゃんが落ちてきました」の声。慌てて119番をした。
 それからが大騒ぎ。救急車はもちろん来たが、警察も来て、第一通報者ということで事情聴取を受けた。午前2時を過ぎた今も、大勢の警察関係者で赤ん坊が落下したと見られる地点を囲んでいる。
 なぜ、こんなことが起きたのか、今の時点ではまったく分からない。
 多分、明日は上空をヘリが飛んだり、マスコミが来たりするんだろうな。
 ちょっと興奮していることは確かだが、身近なところで、こんな事件が起こるのは、嫌〜な感じだ。
 
 巨人・桑田のこととか、高校生ドラフトのこととか、スポーツのことを書こうと思っていたのに、ふっとんでしまった。
 
posted by アイザワ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

2年前、高校相撲界を沸かせたふたりの力士が関取になった

 久々の更新だ。
 更新する気になったのは、2年前、高校横綱になった澤井が幕下優勝し、十両昇進を決めたからだ。
 澤井は埼玉栄高出身。その当時から、大相撲で活躍しそうな雰囲気を持っていた。彼には、好敵手もいた。高知・明徳義塾の影山で、大相撲ではひと足先に十両に昇進している。四股名は栃煌山(トチオウザン)。彼も、高校時代から大物感を漂わせていた。
 来場所はプロになったライバルが、関取として対決することになる。この対戦も楽しみだし、外国人ばかりが目立つ大相撲にも、日本人の有望な若手が出てきたことを喜びたいし、多くの人に知ってもらいたい。
 外国人だって、いい相撲を見せてくれればいいんだけど、やっぱり大相撲が盛り上がるためには日本人で強い力士がいないとね。
posted by アイザワ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

夏の甲子園は劇薬だったのかも

 気持ちの浮き沈みは何度も経験しているけど、今回は重症だ。
 更新が滞っているのは、そのせい。
 一応、めぼしいスポーツは見ているのだが、気持ちが盛り上がらないのだ。

 夏の甲子園大会には元気をもらった。早実−駒大苫小牧戦以外でも、感動する試合ばかりだった。高校スポーツの醍醐味をたっぷり味わった。
 だが、あれは劇薬だったのかもしれない。

 やっぱり現場から遠ざかっているせいだろうか。
 大好きなラグビーやアメリカンフットボールがシーズンインしたことだし、元気回復のために現場観戦してこようかな…
posted by アイザワ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

早実・斎藤が使ったといわれる高濃度酸素カプセルが気になる

 夏の甲子園が、早実の初優勝で幕を閉じた。
 2日間の激闘で、スーパーヒーローになったのが斎藤佑樹投手。4連投にもめげず、淡々と好投を続けた。おまけにルックスよし、頭もよさそう、コメントもしっかりしている、とすべてが好印象。こりゃ、ヒーローになるのも無理はない。
 斎藤投手は、センバツ、夏は西東京大会準決勝の日大鶴が丘戦から見ているが、確かに、すごい進化を遂げている。甲子園の決勝も凄かったが、ハラハラドキドキ度では西東京大会決勝の日大三高戦の方が、上だった気がする。
 とにかく日大三に押されっぱなし。何度も危機をしのいで、甲子園行きを決めた。その時から、特別な星のもとに生まれた選手と思っていた。
 延長15回を投げきった翌日、涼しい顔をして好投する姿にも驚いた。怪物といわれた駒苫・田中でさえ、疲労が見えるというのに、140キロ台のストレートを投げ込むのは本当に凄い。相当な基礎体力と精神力があるのだろう。
 それと斎藤投手は、高濃度酸素カプセルを疲労回復に使っていたようだ。あの、ベッカムが故障を直すために使ったというもの。
 こんな超人的な活躍を見せられたら、その効果は大注目されるんだろうな。
posted by アイザワ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

鹿児島工ナインに感動をもらった

 初戦(2回戦)から、なんとなく気になるチームだったが、準決勝を見て、すっかり鹿児島工の野球に魅了されてしまった。
 ベスト4の中では、チーム力は一番下だろう。他の3校は野球に力を入れる名門私立。優秀な選手が各地から集まってくる。だが、鹿児島工は県立の工業高校。ソフトバンクの川崎宗則こそ輩出しているが、鹿児島県では鹿実や樟南などの壁が破れず、今回が甲子園初出場。才能ある選手が揃っているとは言いがたい。
 とくに準決勝で対戦した早実とはチームカラーが180度違う。早実は早稲田大学の付属で偏差値70。野球部員はスポーツ推薦が大半だが、それでも文武両道の優秀な選手が集まってくる。エース・斎藤に象徴されるようにクールな都会派が揃っている。一方、鹿児島工の選手は野性味満点だ。エースの榎下は斎藤に少しも負けていない二枚目だが、いかにも薩摩隼人といった男らしい風貌。キリッとしたまなざしを持っている。それとムードメーカーの代打屋・今吉晃一のキャラがいい。ずんぐりむっくりの五厘刈り。人の良さがにじみ出る風貌と元気者らしい存在感は野球漫画から飛び出してきたかのようだ。
 そんな鹿児島工ナインが、エリート軍団の早実に完敗した。が、少しもいじけることなく、自分たちにできることは精一杯やったという表情で生き生きとプレーしていた。ナインの笑顔がさわやかだった。
 勝っても負けても泣いていた中迫監督も良かった。あの監督だから、こんな魅力的なチームができるんじゃないだろうか。
 高校野球の魅力を再認識させてくれた鹿児島工ナイン。記憶に残るチームになるはずだ。
posted by アイザワ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

追悼 森千夏さん

 陸上競技・女子砲丸投げのアテネ五輪代表で日本記録保持者でもある森千夏さんが亡くなった。享年26歳。
 以前も書いたが、森さんの競技者としての活躍は何度も見ている。これからもっと記録を伸ばし、世界のトップに近づける選手だと思っていた。
選手としての最盛期に病に倒れた彼女の無念さを思うと、言葉が出ない。
 ご冥福をお祈りします。
posted by アイザワ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

インターハイ体操団体総合優勝は男子が埼玉栄、女子が藤村女子

 インターハイが行われている。
 観戦にはできるだけ行くようにしているのだが、今年の会場は大阪を中心とした近畿で遠いことと、諸事情があるため行けない。で、テレビでの観戦とインターネットによる結果速報で、状況を確認するしかない。
 いつも思うことだが、テレビ(NHK教育)で放送してくれるのは、限られた競技だ。これまで放送されたのは、陸上競技と剣道。そして今日5日はバレーボール、6日はバドミントン、7日はバスケットボール、8日はウエイトリフティングという予定だ。
 NHKもそれなりに努力はしているのだろうが、他の競技も見たい。ボートとか体操とか。いや、すべての競技。
選手の家族、友達、学校関係者は、その思いはもっと強いはずだ。
マイナー競技は視聴率が取れないからだろうし、中継車を出すには予算もかさむのだろう。だが、教育テレビはもともと視聴率など気にする必要のないチャンネルだし、見たい人がいる以上、放送する努力はしてほしい。インターハイの後援にはNHKが名を連ねているのだし。
競技の方は、多くの種目で決勝が行われている。体操団体は男子が埼玉栄が4連覇、女子は藤村女子(東京)が6連覇。圧倒的な強さを維持している。体操は去年、会場で観戦したが、上位校の選手はスーパーE難度の技に挑戦していた。その勇気あるチャレンジ精神に感動した。今年も見たかったぞ。

posted by アイザワ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

西東京大会決勝・早実−日大三高戦は凄かった

 仕事の手を休めて、高校野球・西東京大会・早実−日大三高戦を見たら3−3。息詰まる好試合だった。
 用事があって、移動しなければならず、クルマのラジオで中継を聴いていたら、さらに息詰まる超好試合になった。
 車中で試合は終わると思っていたが、終わらず、行った先でテレビを見たら、さらに緊張感あふれる、凄い試合になっていた。
 早実のサヨナラの好機を日大三は必死で守る。
 日大三が勝ち越して、早実絶体絶命と思ったら、追いつく。もう一瞬たりとも、目が離せない展開。最後は、押し寄せる危機をしのぎにしのいだ早実が、サヨナラ勝ちで、甲子園出場キップを勝ち取った。
 興奮した。いいものを見せてもらった。
 地区予選とはいえ、高校野球にはこんなドラマがあるから、見逃せない。
posted by アイザワ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

今日という日

 高校野球の地方予選が佳境に入ってきた。今日は、南北海道、青森、長崎、宮崎の4地区で代表校が決まった。他の地区でも、4回戦とか準決勝・決勝あたりまで、試合が進んでいる。
 私も仕事の合間、東京・神奈川・埼玉の試合を見たが、ここまで来ると、かなりレベルの高い試合をしている。どの高校も、厳しい練習をしてきた跡がうかがえる。
 そして、その試合のどちらか一方のチームの3年生は、今日を限りに部活生活を終えるのだ。
 若いエネルギーを注ぎ込んだ日々。つらいことも、楽しいことも、色々あっただろう。それが終わるというのは、どういう心境なのか。寂しいのかもしれない。ホッとしているのかもしれない。
 仮に3年生部員が平均で20人いたとして、負けたのが100校なら、2000人。それだけの選手が、今日を高校部活最後の日として胸に刻んでいる。
 私にとっては、なにげなく過ぎた一日も、彼らにとってはかけがえのない日となっているはずだ。
posted by アイザワ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。