2005年08月11日

アーチェリー競技を初めて見た

今日もインターハイを観戦するために千葉まで行ってきた。
 
 それにしても日記に書いているのはスポーツ観戦のことばかりだ。
 昼間はインターハイ、夜中は世界陸上。いいトシをしたオヤジが、よくこんなお気楽な日々を送れるなと思っている人もいるだろう。
 でも、働く時は働いている。出版界には「お盆進行」というのがある。お盆は印刷所が休みに入るから、多くの雑誌編集部が、お盆前に仕事を一段落させちゃおうということで締切が早くなる。で、実は1週間前までは必死で原稿を書いていたのだ。
 つまり、やっと時間が取れるようになり、スポーツ観戦三昧の日々を送っているというわけ。まあ、フリーライターってのは、仕事をするのもしないのも自由。自分の気分次第でその日の行動を決められるって点では、お気楽なことに変わりはないんだけどね。

 さて、そのインターハイだが、17日から始まる水泳を残して、ほとんどの競技が閉幕した。
 試合が残っている数少ない競技の中から、選んだのはアーチェリーだ。実はアーチェリーの観戦は初めて。どんな雰囲気なのか見てみたかったのだ。
 会場は船橋市運動公園陸上競技場。最終日の今日、行われたのは団体戦の決勝だ。

 まず、驚いたのは会場がにぎやかだったこと。アーチェリーは集中力が必要な競技だから、会場はシ〜ンと静まり返っているものとばかり思っていたのに、スピーカーからは競技の進行を説明するアナウンスはある、スタンドでは声を揃えた応援がある、当の選手たちも、声をかけあい、気合を入れたうえで矢を放つ。意外なほど活気があるのだ。

 ただし、競技自体は淡々と進行していく。試合はトーナメントの勝ち上がり方式だ。1チーム4人のうち矢を射るのは3人。1エンド(野球でいえば1回)に与えられた3分間に1人3射ずつ9射する。それを3エンドまで行い(計27射)、その得点で勝敗を決めるのだ。
 的までの距離は70メートル。遠いから的に当てるのが大変なことは解る(今日は結構風もあった)。が、遠い分、得点もわからない。1エンド終了ごとに選手と審判が的に集まり、矢を抜きながら集計し得点を発表する。だから、どっちが優勢なのかは解るが、3エンド終了後もその調子だから、勝敗決定の瞬間も会場がヒートアップすることはない。
 とはいえ、選手の集中力を高める姿、的を見つめる眼からは試合にかける思いが伝わってきた。弓をひくまでの姿勢も美しく、心動かされるものがあった。
 双眼鏡持参でしっかり見れば、相当面白い競技かもしれない。

SANY0095.JPG
健闘を称え合う女子決勝2チーム(左が和歌山、右が高山西・岐阜) 

 優勝は男子は東海大相模高(神奈川)、女子は和歌山高。
 どちらも初優勝だ。おめでとう!
posted by アイザワ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体操競技の指導者が話している内容は…

 為末大の激走をライブで見て興奮し、祝杯まであげてしまったため朝起きられず、インターハイ観戦は中止。今日の観戦レポートはありません。

 で、昨日の観戦レポートでチラッと触れた高校の体操監督の会話の中身について書く。

 観戦しながら、ふたりの監督が話していたことの8割方は審判の採点についてだった。
 たとえばこんな内容。
「あれで、9,70はないよな。着地で足が動いてるじゃないか」
「○○高校は、その辺のごまかしが巧いんだよ」
「ごまかしたって、審判なら見抜かなきゃ」
「あの学校は好感度が高いし、そのイメージに引きずられてる部分もあるんじゃないの」

 高校の体操競技は4人の審判が採点する。そのうちの最高点と最低点を除き、中間のふたりの採点を足して2で割った数字が得点となる。公正を期した採点方法だが、それでもこんな不満が出るのだ。
 ごまかしだの、判定が好感度に左右されるだの、審判に対する不信感も含めて高校の指導者にしては不適切な発言と受け取る人がいるかもしれない。だが、私は指導者の自然な気持ちから出た声だと思う。

 彼らは自らがあずかるチームや選手に少しでもよい成績をとってもらおうと必死だ。選手の努力や試合にかける思いも知り抜いている。だからこそ、判定にはシビアになるし、納得のいかない採点には不満が出るのだ。

 これも判定で勝敗が決まる競技の宿命だろう。このふたりの監督だって、自分の学校に帰れば、ごまかし方を研究し教えるようになるかもしれないし、審判に対する好感度を上げる工夫を始めるかもしれない。そんな対策まで含めて向上を目指すのが採点競技だと私は思っている。

 ちなみに会話の残りの2割は3年生選手の進路のことだった。ふたりとも、進学か就職かで悩んでいる部員や、体操を続けたいのに大学の推薦が取れない部員のことを真剣に心配していた。
 私には、熱血のいい監督に思えた。

 

 

 
posted by アイザワ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

為末大、すごい!

 其奮している。
 午前4時、本日2本目の日記だが、書かずにはいられない。

 世界陸上・男子400メートルハードルで為末大選手が銅メダルを獲った。
 陸上競技の世界選手権で(しかも短距離種目で)、決勝に残ることがどれだけ大変なことか、長い観戦歴、取材経験を通して知っているつもり。
 それだけでもすごいのに、3位に入って銅メダルを獲得してしまった。身長170センチ、64キロの小柄な日本人がである。
 4年前のエドモントン世界陸上でも、3位に入っているが、「夢中で走ったら入った」という感じだった。ところが、今度は2度目。世界のすごさ厳しさを知り尽くしたうえで、3位に入ったのはすごいとしかいいようがない。

 実は為末選手には、取材で会ったことがある。
 誠実で、本音を語ってくれる好漢だった。
 その時は、大阪ガスという組織を離れ、プロとしてひとりで練習することについて話を聞きに行ったのだが、「厳しい環境に身を置くことが、自分を強くする」という話をしてくれた。
 それを世界で3番という結果で示してくれたことが、素直に嬉しい。

 今、日本で一番輝いているアスリートは為末だと、私は思う。
 
posted by アイザワ at 04:42| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーE難度の大技にも果敢に挑戦 恐るべし!高校体操選手

 今日のインターハイ観戦は体操の決勝。
 千葉市にある千葉ポートアリーナへ行ってきた。

 体操は「勝負」で熱くなる競技ではない。アリーナではすべての種目が同時進行する。男子は6種目、女子は4種目の計10種目が同時に行われるから、全部を見ることはできないし、得点のチェックも無理。順位は競技終了後の発表を待つしかないのだ。

 というわけで観戦者は、自分が応援する高校や選手の演技を主に見る。練習を積んできた技はしっかり決まるか、ミスはしないかで一喜一憂するわけだ。

 とりたてて応援する高校や選手がない私は、男子鉄棒に注目した。日本の男子種目は世界レベル。なかでも鉄棒は大技を組み込みやすい花形種目だからだ。

 驚いたのは、オリンピックでも決まれば会場がどよめくスーパーE難度「コールマン」に挑戦する選手が少なくなかったこと。勢いをつけて空中に飛び出し、後方に2回宙返りし1回ひねって、再び鉄棒をつかむ大技だ。
 とくに最後に行われた予選上位7校と個人総合上位者による決勝3班32人(1校4人と個人総合1位から4位まで)は、10人以上がコールマンに挑戦していた(他の競技にも目が行ってしまい、すべての演技をチェックできなかったので、正確な人数はわからなかった)。

 なんたってスーパーE難度である。五輪選手だって、いちかばちかで行う大技に高校生が挑戦するのだから、失敗する確率は高く、よく落ちる。だが、それでも果敢に挑戦するのである。その姿に感動した。

 ただし、こんな大技に挑戦できるかどうかは学校にもよるらしい。私の席の後ろに午前中に競技を終えた高校の監督ふたりが座って話をしていた。その話によれば、コールマンに挑戦できるのは、他の技が完璧にこなせるような好素材であること、挑戦しても危険がない環境を備え、一流コーチが指導をしていることが条件のようだ。

 高校体操界も色々あるのだなあと思った。
 こんな事実を知れたことだけでも、会場に来た甲斐はあった。

 なお、優勝校、優勝選手は以下の通り。
 まず男子。団体総合は埼玉栄、個人総合は寺尾尚之(埼玉栄)。
 種目別のゆかは内村航平(東洋・東京)、あん馬は中島立貴(関西・岡山)、つり輪は岩下直史(市立尼崎・兵庫)、跳馬は渡辺恭一(埼玉栄)、平行棒は山室光史(埼玉栄)、鉄棒は竹下亮(北陸・福井)。
 次に女子。団体総合は藤村女子・東京。個人総合は黒田真由(名古屋経大市邨・愛知)。
 種目別の跳馬・段違い平行棒は垣谷真理子(市立尼崎)、平均台とゆかは黒田真由(名古屋経大市邨)。
 他の選手たちにも拍手を送りたい。
 

※上記のふたりの監督の本音解説は面白かったので、後日書きます。
 
 

 
 
posted by アイザワ at 02:09| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

世界陸上の見どころは、織田裕二の時間引っ張り芸?

 今日はインターハイ観戦はお休み。
 3日連続で炎天下観戦をして、さすがにバテたのだ。仕事だってあるし。

 でも、家で時間を見計らって高校野球観戦。155キロ左腕・辻内をはじめ超高校級選手がズラリと揃う大阪桐蔭と春日部共栄の試合はしっかり見た。
 辻内のストレートは評判通り、凄みがあった。そんな武器があっても抑えられるとは限らないのが高校野球。少しも萎縮せず辻内から点を奪い、接戦に持ち込んだ春日部共栄ナインの敢闘精神には敬意を表したい。
 
 で、夜は世界陸上観戦。
 これも2年に1度のお楽しみ。
 司会の織田裕二は相変わらずハイテンションだ。騒ぎすぎという声もあるようだけど、私はそんなに嫌ではない。他のビッグイベント中継に登場するにぎやかしのタレントと違い、陸上好きの本質が感じられるからだ。ストレートに興奮する姿には、むしろ好感を覚える。

 ただし、競技開始時間を伝えないのは問題大あり。「朝原登場!」とか「為末、決勝進出なるか」って、今にも競技が始まりそうに言っておきながら、延々と引っ張る。
 競技開始時間は新聞によっては出ているし、見る意欲さえあれば知ることはできる(私は競技開始予定表を手元に置いておき、見たい競技が始まる時だけテレビに向かう)。
 でも、なんとなく見ている人は、目一杯期待させられて、深夜まで延々と待たされるのだ。

 2日目だったと思うけど、面白かったのは「競技開始まであと…」と言いかけて、あわてて口ごもったこと。織田はもちろん競技開始時間を知っている。でも、言っちゃいけないことになってるんだろうな。ディレクターからは「できるだけ盛り上げて、とにかく競技開始まで引っ張れ」と言われているはずだ(つい言ってしまいそうになったのは、織田の人のよさだ)。

 つまりTBSは織田に、視聴者に世界陸上を延々と見させる「引っ張り芸」をやらせているということ。これって姑息じゃないか?

 これについては織田の責任というより、テレビ局の姿勢の問題だろう。
 高い放送権料を払っている分、視聴率を稼がなきゃならないプレッシャーがあるのは解る。
 迫力あるシーンをライブで見られることにも感謝している。
 でも、こういうやりかたはどうかと思う。

 競技開始時間もはっきり伝えて、正々堂々と放送してもらいたいものだ。






posted by アイザワ at 01:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

がんばっていきましょい! 炎天下、今日はボート競技を見てきた

 今日見たインターハイの競技はボート競技。
 千葉県北端にある小見川町まで行って来た。利根川の脇を流れる黒部川の小見川ボート場が会場。広大な田園の真ん中にある、のどかな競技場だ。

SANY0067.JPG 

 数ある競技のなかから、なぜボートを選んだかというと、ドラマ「がんばっていきまっしょい」の影響が少なからずある。ドラマに登場する高校ボート部は瀬戸内海で練習している。その美しい風景が青春群像をひきたてている。

 インターハイのボート競技に出てくる高校も地元の自然の中で練習を積んでくる。海あり、川あり、湖あり。高校名から練習場が想像できる。富士河口湖高(山梨)は当然河口湖、津久井高(神奈川)は津久井湖、諏訪清陵高(長野)は諏訪湖、宇和島東高(愛媛)は宇和島湾だろうし、阿賀黎明高(新潟)は阿賀野川だろう。まだ行ったことのないところも多いけど、その風景を想像するとなんとなく楽しい。

 もちろん選手たちにとっての練習場は見慣れた場所であって、なんの感慨もないかもしれない。日々、キツい練習を繰り返すところだから、見たくもない光景だろう。でも、そんな日本各地のさまざまな場所で鍛えられた選手たちが、千葉の田んぼに囲まれた小見川ボート場に集まって、練習の成果を披露することに私は魅力を感じる。これぞインターハイという感じだ。

 種目は1人で漕ぐシングルスカル、2人で漕ぐダブルスカル、漕ぎ手4人と声を上げてリズムをとる舵手の5人組の舵手つきクオドルプルの3種目。男女があるから6種目だ。
 インターハイ・ボート競技の距離は1000メートル。スタート地点は観戦場所からは遠くて状況が解らない。見られるのは最後のひとふんばりの部分だけだ。が、それでも感動できる。

 スタートの合図がスピーカーからアナウンスされる。会場はまだ静かだ。が、時間がたつにしたがって、遠くから応援の声が近づいてくる。ボートの進行に合わせて、監督やコーチが土手を自転車で走りながら、でっかいメガホンで声をかけ続けるのだ。その集団は10〜15人。競い合う敵同士なのに、一緒にサイクリングをしているように見えて、ほほえましい。

SANY0058.JPG 

 ボートが近づくと、どの高校がリードしているのかが解ってくる。それに連れて会場は一気にヒートアップ。両岸やゴール地点にある橋から声を限りの声援が起こる。
 そしてゴール。
 1位になった選手たちのお母さんたちだろう。飛び上がって喜んでいる。なかには泣いている人もいる。一方、肩を落としているお母さんたちもいる。

 静から動へ。そして歓喜と落胆。このコントラストが感動を呼ぶ。

 シングルスカルの優勝は女子が小見川高の小倉亜沙美さん、男子が小見川高の小山田昴史君(地元小見川高がシングルの男女を制した)。
 ダブルスカルの優勝は女子が猿投農林高(愛知)、男子が浜松湖南高(静岡)。
 舵手つきクオドルプルの優勝は女子が日田高(大分)、男子が大沢野工業高(富山)。
 そして、他の選手や高校も精一杯のパフォーマンスを見せてくれた。
 よく頑張った。 お疲れさん!

 でも、炎天下の小見川ボート場は暑かったなあ。


 ※当ブログにコメントをくれた「これからも期待しています」さん、「みっちい」さん、ありがとうございます。

 
 

 
posted by アイザワ at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

やっぱりインターハイ陸上で一番熱くなるのはリレーだね

 他にもいっぱい観たい競技はあるのに、今日も陸上競技の観戦に行ってしまった。

 昨日は4×400メートルリレーの予選があった。
 インターハイの陸上では、この競技が一番盛り上がる。
 4人のチームプレーによる学校対抗戦。しかも距離が長い。トラック一周を男子は50秒、女子は1分を切るタイムで走る。これは相当キツい。それをスタンドで見守るチームメイトが必死で応援するのだ。「自分たちの応援で、キツいところを少しでも後押しできるなら」という思いが声にこもっている。
 集団で声を揃えて応援する学校もある。「そ〜れ、行け行け、行け行け○○(名前)!」とか。
 ひとりで「○○、頑張れ〜!」と絶叫しているケースもある。
 全身に乳酸がたまってヨレヨレになっているのに、選手はその声に元気づけられ、最後のひと踏ん張りをする。
 そんなシーンを見せられちゃ、準決勝、決勝も見ないわけにはいかないよね。

 というわけで、今日も陸上競技を観に行ったわけです。
 
 でも、4×400リレーって結構残酷。距離が長いから、実力の差がもろに見えちゃう。
 第3走者までトップでも、アンカーが遅いと大逆転もある。
 アンカーは当然、号泣だ(号泣はアンカーだけじゃなくて、不本意な走りに終わった1走、2走、3走の場合もある)。

 そんなシーンを見ると、こっちもウルウルしてしまう。
 「一生懸命やったんだから、いいじゃないか」
 そんな思いを、震えてる背中にかけるしかない。
 でも、号泣できる青春を持てたことは、すばらしいことだぞ!

 4×400メートルリレーで優勝したのは、男子は東海大浦安(千葉)、女子は埼玉栄。
 おめでとう!。
 他のチームにも、賞賛の拍手を送りたい。

 ところで世界陸上に出る金丸も、リレーに出場していた。鬼気迫る追い込みを見せたが2位。
 ヘルシンキでは、頑張れ!



 
posted by アイザワ at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

インターハイ陸上競技・男子200メートルの激戦を目撃

炎天下の千葉インターハイ・陸上競技を観てきた。

 お目当ては世界陸上にも出場するスーパー高校生・金丸祐三(大阪高)が出る200メートル。
 金丸は今年6月の日本選手権400メートルで社会人(五輪出場者含む)や大学の強豪をなぎ倒して優勝した。今大会も400メートルで圧勝。その走りっぷりを見たかったのだ。

 ライバルは今大会100メートル優勝者の石塚祐輔(土浦第三・茨城)。前評判は圧倒的に金丸だが、石塚だって100の勝者としてのプライドはあるはずだ。
 400のエキスパート・金丸と100の石塚が、その中間距離の200で闘う。スタミナ勝負なら金丸、スピードなら石塚。その意味でも興味がそそられるレースだった。

SANY0043.JPG
4コースが石塚、5コースが金丸


 レースは予想通りの展開になった。前半リードしたのはスピードがある石塚。必死に逃げ切りを図る。それをスタミナがある金丸が猛追。ゴールラインでは体が完全に重なった。
 あまりの僅差に、判定がなかなか出ない。たぶん1分以上かかっただろう。
 勝者としてコールされたのは石塚だった。タイムは20秒79。
 金丸は20秒80。100分の1秒差で石塚が200のチャンピオンになった。

 
 いいレースだった。
 いいものを見せてもらった。
 プライドとプライドとのすさまじいまでのぶつかりあい。
 いつも思うけど、なんでこういうレースをテレビは放映しないのだろう。

 今日は暑くて大変だったけど、他にもインターハイならではのいいシーンはたくさん見られた。
 それについては後日、触れます。



 
posted by アイザワ at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

スポーツ、とくに高校スポーツをこよなく愛するライターです

「千葉きらめき総体」の真っ最中。そんな時に高校スポーツが大好きなライターがブログ開設やっててどうする? っていわれそうですが、明日から競技、観に行ってレポートするつもりです。
 スポーツ界を見ていて感じたことのあれこれやフリーライターの日常を書いていきますので、ご贔屓に!
posted by アイザワ at 16:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。