2005年08月06日

インターハイ陸上競技・男子200メートルの激戦を目撃

炎天下の千葉インターハイ・陸上競技を観てきた。

 お目当ては世界陸上にも出場するスーパー高校生・金丸祐三(大阪高)が出る200メートル。
 金丸は今年6月の日本選手権400メートルで社会人(五輪出場者含む)や大学の強豪をなぎ倒して優勝した。今大会も400メートルで圧勝。その走りっぷりを見たかったのだ。

 ライバルは今大会100メートル優勝者の石塚祐輔(土浦第三・茨城)。前評判は圧倒的に金丸だが、石塚だって100の勝者としてのプライドはあるはずだ。
 400のエキスパート・金丸と100の石塚が、その中間距離の200で闘う。スタミナ勝負なら金丸、スピードなら石塚。その意味でも興味がそそられるレースだった。

SANY0043.JPG
4コースが石塚、5コースが金丸


 レースは予想通りの展開になった。前半リードしたのはスピードがある石塚。必死に逃げ切りを図る。それをスタミナがある金丸が猛追。ゴールラインでは体が完全に重なった。
 あまりの僅差に、判定がなかなか出ない。たぶん1分以上かかっただろう。
 勝者としてコールされたのは石塚だった。タイムは20秒79。
 金丸は20秒80。100分の1秒差で石塚が200のチャンピオンになった。

 
 いいレースだった。
 いいものを見せてもらった。
 プライドとプライドとのすさまじいまでのぶつかりあい。
 いつも思うけど、なんでこういうレースをテレビは放映しないのだろう。

 今日は暑くて大変だったけど、他にもインターハイならではのいいシーンはたくさん見られた。
 それについては後日、触れます。



 
posted by アイザワ at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。