2005年08月08日

がんばっていきましょい! 炎天下、今日はボート競技を見てきた

 今日見たインターハイの競技はボート競技。
 千葉県北端にある小見川町まで行って来た。利根川の脇を流れる黒部川の小見川ボート場が会場。広大な田園の真ん中にある、のどかな競技場だ。

SANY0067.JPG 

 数ある競技のなかから、なぜボートを選んだかというと、ドラマ「がんばっていきまっしょい」の影響が少なからずある。ドラマに登場する高校ボート部は瀬戸内海で練習している。その美しい風景が青春群像をひきたてている。

 インターハイのボート競技に出てくる高校も地元の自然の中で練習を積んでくる。海あり、川あり、湖あり。高校名から練習場が想像できる。富士河口湖高(山梨)は当然河口湖、津久井高(神奈川)は津久井湖、諏訪清陵高(長野)は諏訪湖、宇和島東高(愛媛)は宇和島湾だろうし、阿賀黎明高(新潟)は阿賀野川だろう。まだ行ったことのないところも多いけど、その風景を想像するとなんとなく楽しい。

 もちろん選手たちにとっての練習場は見慣れた場所であって、なんの感慨もないかもしれない。日々、キツい練習を繰り返すところだから、見たくもない光景だろう。でも、そんな日本各地のさまざまな場所で鍛えられた選手たちが、千葉の田んぼに囲まれた小見川ボート場に集まって、練習の成果を披露することに私は魅力を感じる。これぞインターハイという感じだ。

 種目は1人で漕ぐシングルスカル、2人で漕ぐダブルスカル、漕ぎ手4人と声を上げてリズムをとる舵手の5人組の舵手つきクオドルプルの3種目。男女があるから6種目だ。
 インターハイ・ボート競技の距離は1000メートル。スタート地点は観戦場所からは遠くて状況が解らない。見られるのは最後のひとふんばりの部分だけだ。が、それでも感動できる。

 スタートの合図がスピーカーからアナウンスされる。会場はまだ静かだ。が、時間がたつにしたがって、遠くから応援の声が近づいてくる。ボートの進行に合わせて、監督やコーチが土手を自転車で走りながら、でっかいメガホンで声をかけ続けるのだ。その集団は10〜15人。競い合う敵同士なのに、一緒にサイクリングをしているように見えて、ほほえましい。

SANY0058.JPG 

 ボートが近づくと、どの高校がリードしているのかが解ってくる。それに連れて会場は一気にヒートアップ。両岸やゴール地点にある橋から声を限りの声援が起こる。
 そしてゴール。
 1位になった選手たちのお母さんたちだろう。飛び上がって喜んでいる。なかには泣いている人もいる。一方、肩を落としているお母さんたちもいる。

 静から動へ。そして歓喜と落胆。このコントラストが感動を呼ぶ。

 シングルスカルの優勝は女子が小見川高の小倉亜沙美さん、男子が小見川高の小山田昴史君(地元小見川高がシングルの男女を制した)。
 ダブルスカルの優勝は女子が猿投農林高(愛知)、男子が浜松湖南高(静岡)。
 舵手つきクオドルプルの優勝は女子が日田高(大分)、男子が大沢野工業高(富山)。
 そして、他の選手や高校も精一杯のパフォーマンスを見せてくれた。
 よく頑張った。 お疲れさん!

 でも、炎天下の小見川ボート場は暑かったなあ。


 ※当ブログにコメントをくれた「これからも期待しています」さん、「みっちい」さん、ありがとうございます。

 
 

 
posted by アイザワ at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。