2005年08月09日

世界陸上の見どころは、織田裕二の時間引っ張り芸?

 今日はインターハイ観戦はお休み。
 3日連続で炎天下観戦をして、さすがにバテたのだ。仕事だってあるし。

 でも、家で時間を見計らって高校野球観戦。155キロ左腕・辻内をはじめ超高校級選手がズラリと揃う大阪桐蔭と春日部共栄の試合はしっかり見た。
 辻内のストレートは評判通り、凄みがあった。そんな武器があっても抑えられるとは限らないのが高校野球。少しも萎縮せず辻内から点を奪い、接戦に持ち込んだ春日部共栄ナインの敢闘精神には敬意を表したい。
 
 で、夜は世界陸上観戦。
 これも2年に1度のお楽しみ。
 司会の織田裕二は相変わらずハイテンションだ。騒ぎすぎという声もあるようだけど、私はそんなに嫌ではない。他のビッグイベント中継に登場するにぎやかしのタレントと違い、陸上好きの本質が感じられるからだ。ストレートに興奮する姿には、むしろ好感を覚える。

 ただし、競技開始時間を伝えないのは問題大あり。「朝原登場!」とか「為末、決勝進出なるか」って、今にも競技が始まりそうに言っておきながら、延々と引っ張る。
 競技開始時間は新聞によっては出ているし、見る意欲さえあれば知ることはできる(私は競技開始予定表を手元に置いておき、見たい競技が始まる時だけテレビに向かう)。
 でも、なんとなく見ている人は、目一杯期待させられて、深夜まで延々と待たされるのだ。

 2日目だったと思うけど、面白かったのは「競技開始まであと…」と言いかけて、あわてて口ごもったこと。織田はもちろん競技開始時間を知っている。でも、言っちゃいけないことになってるんだろうな。ディレクターからは「できるだけ盛り上げて、とにかく競技開始まで引っ張れ」と言われているはずだ(つい言ってしまいそうになったのは、織田の人のよさだ)。

 つまりTBSは織田に、視聴者に世界陸上を延々と見させる「引っ張り芸」をやらせているということ。これって姑息じゃないか?

 これについては織田の責任というより、テレビ局の姿勢の問題だろう。
 高い放送権料を払っている分、視聴率を稼がなきゃならないプレッシャーがあるのは解る。
 迫力あるシーンをライブで見られることにも感謝している。
 でも、こういうやりかたはどうかと思う。

 競技開始時間もはっきり伝えて、正々堂々と放送してもらいたいものだ。






posted by アイザワ at 01:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。