2005年08月24日

高校野球・暴力事件のペナルティについて

 昨日の日記に書いたように、今日は都市対抗野球を見てきた。
 1球ごとに投手を元気づける「励ましの達人」のプレーを見、声を聞くためだ。
 その選手、三菱重工長崎の鈴木勘弥は1番セカンドで出場したからプレーは見ることはできた。が、肝心の励ましの声は聞けなかった。声は出しているのだが、両チームの応援団の大音量にかき消されて、まったく聞こえないのだ。

 都市対抗は何度も見ていて応援が派手なのは知っていたが、これほどまでにすごくなっているとは思わなかった。ブラスバンド+大太鼓+ボリュームいっぱいのアナウンスでガンガンやる。それも途切れなしだ。これが屋根のない球場なら音も拡散するのだろうが、ドームだから内側に音がこもる。
 選手のかけ声なんか聞こえるわけがない。

 まあ、応援合戦も都市対抗の華のひとつだから(応援コンクールがあって表彰されたりもする)、これも仕方がない。ゲーム自体は逆転また逆転の緊迫した展開で面白かったから、見に来た甲斐はあった。
 結果は4−3でNTT西日本の勝利。鈴木がいる三菱重工長崎は初戦で姿を消すことになった。


 ところで、高校スポーツ大好きライターとしては、今話題になっている駒大苫小牧や明徳義塾の暴力事件の対応にも触れておかなければならないだろう。
 ちょっと長くなりそうだけど書く。

 このような問題が起こり、その対応の是非が議論になるのは「ホンネ」と「タテマエ」を曖昧にしたまま国民的人気イベントになってしまった高校野球の宿命だと思う。

 ホンネで動いているのは現場、つまり各学校の野球部だ。すべての学校がやっているとはいわないが、指導の過程では多少の暴力的行為はあるものだ。たとえ殴らなくても特訓という名のシゴキがある。伝統的に行われている「ケツバット」などというお仕置きもある。これも、見方によってはひとつの暴力だろう。
 そうでなくても元気な盛りの若者の集団だ。ちょっとした争い事や、イタズラ心でタバコや酒に手を出すこともある。そうした一つひとつを不祥事として処分していたら、高校野球は成立しなくなってしまうはずだ。
 で、少々の不祥事は表に出さないようにしようという体質が生まれる。これがホンネだ。

 一方、タテマエで動いているのが統轄団体の高野連だ。指導者だった人も多く、野球部内がホンネで動いているのも知っている。が、文部科学省の管轄下にあって「教育」の名のもとで大会を運営している以上、「清く正しく導く」というタテマエは守らなければならない。

 ここでまた、ホンネで動く現場に戻る。
 よく「ベンチに入らなかった者も心をひとつにして頑張った」という言い方がされるが、競争をしている集団である以上、そんなキレイ事ばかりではない。レギュラー争いで負けた選手や親には不満を持つ者もいる。また、強い高校のやり方に批判的なライバル校の関係者もいる。人気スポーツである分、他の競技以上にその辺にはドロドロとしたものが渦巻いている。

 今回の明徳義塾と駒大苫小牧のケースは、内部事情をよく知る者の投書や関係者の告発で不祥事が明らかになった。不満を持つ者がタテマエを守る主催者にホンネの事実を突きつけたわけだ。そうなれば当然、厳しい処分になる。
 今回の問題は以上のような構図があって起こった。

 これを踏まえた上での私の見解はこうだ。
「高校野球チームの指導者も選手も高野連に加盟して初めて大会に出場できる。タテマエで動いている団体であることを承知のうえで参加しているわけだ。ならば厳しい処分も甘んじて受け入れなければならない」
 現状では、こういうしかない。


 だが、これが結論ではない。
 高校スポーツの選手たちが懸命にプレーする姿を見るのが好きなライターとしては、上からの有無を言わせぬ厳正な処分に納得できない部分は大いにある。
 甲子園でプレーすることを夢見て、栄光をつかむことを目指して必死で頑張ってきた選手、不祥事には無縁の選手にまで連帯責任を負わせるのはやはりおかしい。
 突然、出場を取り消された選手は自暴自棄になるかもしれない。不祥事を起こした当事者も負い目を背負って生きていかなければならない。
 これが「教育」として正しいのだろうか。

 で、私が考えた対応法はこうだ。
 不祥事を起こしたチームもプレーの機会は与える。ただし、ハンデをつけて。
 ペナルティとして金属バットの使用を禁止し、木のバットで試合をさせるのだ。反発力が弱く、使い慣れていない木製バットで打つのは、かなりのハンデになる。
 が、守り勝つという可能性もある。名誉挽回の機会も与えられる。
 真面目にやってきた選手も、この程度のハンデで出場できるなら納得できるだろうし、不祥事の原因になった者も重荷は少なくなるだろう。不利になるというペナルティはあるわけで、反省を促す意味もある。

 出場停止などの処分を課されるのでは、これからも投書などによる足の引っ張り合いは増えるだろう。だが、出場が認められるなら、そうしたマイナスの方向へ投入されるエネルギーも軽減されるかもしれない。

 この方法なら誰も悲しい思いをしないで済むのではないだろうか。
 これは高校スポーツ好きの一ライターの思いつきに過ぎない。
 が、時代も変わったのだし、こんなドライな対処法、発想を変えた代案が論じられてもいいと思う。
 みなさんはどう思いますか?
posted by アイザワ at 00:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。