2005年09月10日

世界柔道、泉浩の強さにほれぼれ

 今日の世界柔道も見ごたえがあった。
 登場した4人の日本選手の中で、感心したのはやはり90キロ級で優勝した泉浩。とにかく下半身が安定している。その上、反射神経がいいのか器用なのか、相手の足技も柔軟に対応する。実況の佐野アナが、勝って欲しいという思いからか、相手が足技を出すと「危ない、危ない」と連呼していたが、私は危なさを少しも感じなかった。
 アテネ五輪で頂点に立てなかった悔しさをバネに精進を重ね、さらに下半身の強さに磨きをかけたのだろう。右ヒジを痛めるというアクシデントを感じさせない堂々たる世界一だった。
 おめでとう!。泉は、まだまだ強くなりそうだ。

 81キロ級銅メダルの小野卓志の奮闘も見事だった。
 敗者復活戦にまわりながらも、勝ち続けた精神力はすごい。
 トーナメント戦では、負けてもらう銀メダルより、最後に勝ってもらう銅メダルの方がうれしいというが、小野が勝って手に入れた銅メダルは、今後の自信につながるはずだ。

 逆に決勝戦で負けて銀メダルに終わった女子63キロ級の谷本歩実は悔しいだろう。
 相手のスピードと「組んでから技を出すことより相手を仰向けに倒すことを優先する」野性的な柔道に不意を衝かれた感じだ。でも、頑張った。ぜひ、リベンジを果たしてほしい。

 アテネ五輪女子70キロ級の上野雅恵は本来のリズムが出せなかったようだ。こういう時もある。

posted by アイザワ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。