2005年09月16日

ブログで力士が身近な存在に

 大相撲・西小結・普天王のブログが話題になっている。自分でパソコンを操り、力士の日常や現在の気持ちをつづっているところが人気を集めているらしい(個人のHPがある力士は他にもいるが、ブログをやっているのは普天王だけ)。
 私も時々覗いてみるが、本場所に入ると臨場感があって面白さが増す。
 大相撲中継でも力士にインタビューすることはある。が、息は荒いし興奮しているしで、ろくな答えが返ってこない。その点、ブログなら取組みの時の心境などが手にとるように分かるのだ。

 昔、お相撲さんは遠い存在だった。閉鎖社会にいるうえ無口な人が多くて(私の知り合いの元力士はおしゃべりだが)、一般人は近づけなかった。その遠さが、ある種の神秘性を与え、人気につながっていたような気がする。
 でも、今は近い方がいいんだろう。その証拠にブログを通じて普天王ファン、ひいては大相撲ファンになった人は多い。
 長い伝統を誇る大相撲も、時代とともに変わらざるを得ない。その象徴的存在が普天王かもしれない。
posted by アイザワ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさか… 野球日本代表敗退

 野球のワールドカップ・決勝トーナメントに進出した日本代表が準々決勝の韓国戦で負けてしまった。ショックだ。
 日本は予選Bグループを7勝1敗、1位で勝ち上がった。対する韓国はAグループを5勝3敗の4位で、なんとか決勝トーナメント進出。日本は今年5月のアジア野球選手権で韓国を破っているし、有利な材料ばかりだった。勝てると思ってたのになあ〜…

 前にも書いたけど、野球のワールドカップというと来年3月に予定されているプロによる「ワールドベースボールクラシック」のことだと世間は思っている。で、ずっと昔から行われてきた国際野球連盟主催のワールドカップは、マスコミも完全無視状態。それを見返すためにも、是が非でも世界一になってほしかったのに…。

 負けた日本は敗者による順位決定戦にまわる。これを勝ち続けても5位が最高だ。仮に5位になったとしても、日本代表の選手たちの頑張りは、まったく評価されないだろう。ここまでの過程を見ずに結果だけを見て、「日本のアマチュア野球の実力なんて、しょせんそんなもんだよ」なんていう人もいるはずだ。それが悔しい。

 でも、一発勝負の野球って、こういう結果になることが結構多い。
 なんだかんだいっても野球は先発ピッチャーの出来に左右される。調子が出ていないチームもピッチャーが踏ん張れば勝てるし、順調に来ていてもピッチャーが不調なら負ける。韓国戦の日本は5−1の敗戦。3回に3点を入れられ、追いつくことができなかった。中継は見ていなかったけど、おそらく韓国の先発が好投したのだろう。焦りが出て、流れを自分のものにできなかったのだろう。

 準決勝に進出したのは、すべて予選Aグループのチーム。別にAがレベルが高くて、Bが低いというわけではない。
 でも、こんなことが起こる。それが野球だ。

 なお、準決勝の組み合わせは
 キューバ−パナマ
 オランダ−韓国

 日本は予選で負けているプエルトリコと順位決定戦を戦う。気持ちを切らずに頑張ってほしいものだ。

posted by アイザワ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。