2005年09月27日

第2回ウォーターボーイズ選手権を観て

 昨年に引き続き、フジテレビのウォーターボーイズ選手権を観た。
 映画とドラマでヒットした「ウォーターボーイズ」に味をしめ、一般の男子高校生にシンクロナイズド・スイミングをやらせたら面白かろうと始められた、テレビ局主導のスポーツイベントだ。その流れで全国では50校ほどが男子シンクロを始めたそうだが、番組に出場した8チームは、どういう経緯で選ばれたか判らない。審査員にはシンクロの専門家が顔を並べているが、はっきり言ってバラエティ色の強い大会だ。

 でも、観ると感動するんだよね。
 技やピタッと合った動きからは、相当厳しい練習を積んできたことが分かる。
 得点を見て、勝っても負けても号泣する姿は、選手たちの真剣度を現している。

 出場した8校はどこも頑張った。第1回に続いて連覇した鈴鹿高専の演技は見事だった。が、私の印象に残ったのは、2位になった太成学院大高(大阪)だ。同校は競泳の名門校。今夏のインターハイでも、女子バタフライの100mと200mの2冠に輝いた矢野友理江(世界水泳にも出た)をはじめ、上位入賞者を数多く出している。当然、部員は多く、部内の競争は厳しいはずだ。
 今回シンクロで出場したのは、その競争に敗れ補欠になった選手たち。普段は試合に出る選手をサポートする役割だが、「自分たちも輝きたい」とシンクロにチャレンジしたとのことだ。

 補欠になってしまった彼らに新たな目標が生まれた。2位に終わったが、完全燃焼できた彼らの姿はすがすがしかった。また、インターハイに出ていた正選手たちが、今度は応援席に座り、声を限りの声援を送っている姿もよかった。

 こういう形で新たな競技が盛り上がり、高校生たちの目標が生まれるのはいいことだと思う。
 他の競技もこんな取り上げ方をしてくれれば、いいんだけどなあ。
 結構、感動的な番組ができると思うんだけど…
 
posted by アイザワ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅ればせながら野口みずき選手、日本最高記録更新おめでとう

 昨日は大相撲のことしか書かなかったけど、ベルリンマラソンもしっかり観た。
 アテネ五輪の金メダリスト、野口みずきの日本最高記録更新、見事だ!
 すごいとしか、言いようがない。

 大変なプレッシャーだったはずだ。
 五輪から1年ぶりのフルマラソン。金メダリストとして失敗は許されない。
 記録更新のためのペースメーカーをつけ、記録更新を最大の見どころにした中継番組がゴールデンタイムに行われる。これは大変なことだ。
 たぶん野口には、余計なプレッシャーを与えないため、競技に集中できる環境が用意されたと思うが、それだって記録を更新しなければシャレにならないことぐらいは判る。それに予想以上の高温もあった。
 そんな中、関係者の期待通りに、日本最高記録、2時間20分以内突破、世界3位の記録で走りきったのは、すごい。

 でも、すべてを観続けるのは正直シンドかった。
 見どころは記録だけ。勝負のかけひきなんか、まるでない。
 昨年、渋井陽子が日本最高記録を作った時も感じたが、あらかじめ予定された計画(すごいことなんだけど)を忠実に実行する姿を見せられている感じで、スポーツに欠かせない「勝った負けた」の感動がないのだ。
 というわけで、私は同じ時間帯にやっていたプロボクシングのW世界タイトル戦、長谷川穂積と新井田豊の試合を優先して観ていた。

 野口みずきの日本記録更新は文句なしですごい。でも、スポーツとしては少し違和感があった。




 
posted by アイザワ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。