2005年10月01日

プロ野球レギュラーシーズンの残る楽しみは、ヤクルト・青木の200本安打到達

 タイガースが優勝を決めた今、私に残るプロ野球の関心事はヤクルト・青木宣親のシーズン200本安打の到達だ。というか、タイガースファンではない私は、タイガースの優勝がほぼ決まった時点で、青木の安打数記録だけが気になるようになった。

 青木のプレーは今シーズンも神宮で見ているが、去年も2軍の試合で2回見た。2回ともマルチヒットを打った記憶がある。スピードはあるし体のキレも抜群。「なんで1軍で使わないのかな」と思ったほど、いい選手に見えた。でも、ヤクルトは1年目は2軍でじっくり育てる方針だったのだろう。そしたらイースタンの首位打者になった。だから、1軍のに上げられた今シーズンは、どれだけやるか、注目していた。

 当然、期待大。でも、ここまでやるとは思わなかった。シーズン200本安打といえば、過去にイチローしか達成していない記録だ。それをプロ2年目でクリアしそうだというのだから凄い。

 200本到達まで、あと10試合で10本。ハラハラドキドキの日々は、まだ続く。
posted by アイザワ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。