2005年10月04日

「巨人って、まだ憧れの球団なんだな」と辻内の顔を見て思った

 高校生対象のドラフトが行われ、注目の150キロ左腕・辻内崇伸(大阪桐蔭)の獲得交渉権を巨人が引き当てた。
 指名したのは巨人とオリックス。オリックスの中村GMが当たりと勘違いしたため、当初は辻内に「オリックスになった」と伝えられ、記者会見が行われた。その後、実は巨人だったことが判明。2度目の記者会見をしたが、1回目と2回目の辻内の表情が、あまりにも違うのが興味深かった。

 1回目の記者会見では「オリックスはすばらしい球団」と言っていたものの固い表情。だが、2回目は、顔に喜びがあふれていた。

 球界では巨人ブランドの崩壊が重大な問題になっている。
 でも、野球少年の憧れは、まだ巨人なんだなと、辻内の表情を見て思った。
 まあ、常識的に見てオリックスとの二者択一なら巨人の方がいいと思うけど、今の巨人にそんな魅力はあるのだろうか。
 もちろん、その辺の心理は当人でなければ判らない。
 将来のことを考えたら、やっぱり巨人がいいのかもしれない。

 野球少年の気持ちがかいま見られて、参考になった。
posted by アイザワ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。