2005年10月16日

好試合が続くパリーグプレーオフを、なんでテレビはやらないんだ!

 パリーグ・プレーオフ、ソフトバンク−ロッテ戦をラジオで聴いた。
 凄い試合だった。
 9回裏までロッテが4−0でリード。マウンドにいるのはロッテの守護神・小林雅。誰もが、このままロッテの優勝だと思っただろう。だが、ホークスは追いついた。そして延長10回裏にサヨナラ勝ち。ラジオでも福岡ヤフードームの緊迫感や熱気は伝わってきたし、聴いてるこっちも興奮した。
 なんで、こういう試合をテレビで中継しないのだ!、といいたい。
 1,2戦も緊張感のある好試合だったし、はっきり言って、中継しないテレビ局(CS以外)の番組編成担当者はバカだな。前にも書いたけど、低迷するプロ野球人気の足を引っ張っているのは、テレビ局だ。
 もう、巨人戦を中継していれば、視聴率が稼げて野球人気が維持できる時代ではないのだ。
 プロ野球ファンの目で見て、どんな試合を中継すれば、ファンはついてくるのか。その感覚がないと、スポーツの中継をする資格はない。

 こういう放送局のヌルいあり方が、スポーツに対する熱気をスポイルしている。
 それこそ株を買い占められて、正常なビジネス感覚を持った人物に乗っ取られた方がいいんじゃないかと思う。

 そういえば、今日は珍しくTBSがJリーグのレッズ−レイソルの試合を中継していたけど、画面の下にファンの言葉を入れていた。「レッズ、まだ優勝を信じて応援しています」とか。7−1なんていう大味な試合だったからいいけど、そんなものを入れるのは、鬱陶しいゾ!

 これまでテレビ局に抗議の電話をしたことはないが、もし、緊迫した試合でこんなことをしたら、たぶん抗議電話をかけていたと思う。
 
posted by アイザワ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。