2005年10月17日

祝!千葉ロッテ優勝。1球1球を、こんなに真剣に見たのは久々だ

 パリーグ・プレーオフ最終戦は、見ごたえのある試合だった。
 千葉ロッテが勝って、31年ぶりのリーグ優勝を果たしたわけだけど、随所にドラマがあった。

 ロッテの逆転のきっかけを作ったのは、今年限りで引退が決まっている初芝だ。ボテボテのゴロが三遊間に飛んで、バティスタと川崎が交錯。そのおかげで初芝は1塁セーフになった。あの1打がなかったら、ロッテは逆転できなかったかもしれない。そうなれば初芝は、優勝の喜びを知らずにユニフォームを脱ぐことになる。どんなホームランよりも価値がある3塁ゴロだったわけだ。優勝が決まって本当に嬉しそうにしていた初芝の笑顔が、よかった。
 それから、9回裏に登板した小林雅の投球にもしびれた。第3戦で、まさかの4失点を食らったピッチャーだ。今日も、ノーアウトから四球でランナーを出した。並みの選手だったら、ここで前回の悪夢がよみがえって、平常心ではいられなくなる。だが、小林雅はそんな素振りは見せず、渾身の投球で抑え切った。ホントに1球1球に目が離せなかった。

 バレンタイン監督の胴上げの輪の中には、試合に出られなかったジョニー黒木がいた、小坂もいた、小宮山もいた、堀もいた。ロッテの顔としてプレーしてきた男たちが、みんな笑っていた。
 感激屋の黒木は泣いていた。チームが苦しんでいる時、完調じゃなくて出ていけない自分が、ふがいなかったに違いない。その思いが、涙に表れていた。

 ソフトバンクの選手たちも、必死で戦っていた。
 だから、息が詰まるような好試合になったのだろう。

 ともあれ、こんな熱戦を中継してくれたテレビ東京には感謝しなくっちゃ。 
posted by アイザワ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリーグ・プレーオフを中継したテレビ東京の英断に拍手

 昨日、パリーグのプレーオフを中継しないテレビ局(首都圏の地上波)について書いたけど、第4戦はテレビ東京が放送してくれた。1点差の緊迫した攻防を、しっかり楽しませてもらったゾ。
 テレビ東京には、感謝の電話がかなりあったそうだ。テレビ東京、株上げたな(今、話題の株式の株じゃなくて)。

 スポーツ好きとしては、昔からテレビ東京には好感を持っている。
 その昔、「三菱ダイヤモンドサッカー」でヨーロッパ(とくにドイツ)のサッカー事情を教えてくれたのはテレビ東京だ。金子勝彦アナと岡野俊一郎さんの味のあるやりとりは今も耳に残っている。その伝統は久保田光彦アナに受け継がれた。
 ボクシングのヘビー級を地道に放送していたのもテレビ東京。箱根駅伝だって、メジャーになる前はテレビ東京が中継していた。
 大食いバトルを始めたのもそうだ(実は私は大食いバトルは欠かさず見ていた熱烈ファン)。

 だが、人気が出ると、どれも商売上手な他局に奪われてしまった。
 ヨーロッパのサッカーは今、フジテレビが放映することが多い。ボクシングヘビー級は、今で言えばK1だろう。これもフジだ。箱根駅伝は日テレ。大食いバトルは、TBSが類似番組を作り、過激路線に走って視聴者が真似をしたことで、しばらく放送できなくなってしまった。

 パイオニアなのに、なんか損な目ばかり見ている。
 そんな思いがあるから、今回のプレーオフ中継は、高視聴率を獲っていればいいなと思っている。

 テレビ東京は、プレーオフ第5戦の中継もやるそうだ。
 えらいゾ!
 
 

 
posted by アイザワ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。