2005年11月10日

トリノ・オリンピックまで、あと3ヶ月ちょっとだというのに…

 今日はエキスパートレベルのアルペンスキー指導者と飲んだ。彼がアドバイスしている選手には、日本代表クラスもいる。そうした選手は、コンマ1秒でも速く滑るために、どんな努力をしているかといった話が聞けて面白かった。
 たとえば、体重調整。重力に従って滑り降りるアルペンスキーでは体重が重いほど有利だ。ただし、重くし過ぎると体をコントロールできなくなる。足や腰にも負担がかかる。体重は重くするのだが、それはその選手が制御できるギリギリのところまで。その最良のポイントを探し出し、体重コントロールをしているのだそうだ。単に体力の強化を図ったり、技術の向上を目指して練習しているだけではない。最高のパフォーマンスを試合で行うために、目に見えない部分での努力が続けられているのだ。
 
 ちょうど今はシーズンイン直前。ウインタースポーツの選手たちにとって、一番気合が入る時期だ。これからの頑張り次第で、トリノ・オリンピックの成績も変わってくる。しかし、スポーツマスコミは彼らのことをほとんど取り上げない。過度な干渉はプレッシャーになることもあるが、適度に取り上げることは選手の励みになるのに。そもそも、あと3ヶ月後に冬季オリンピックが開かれることも知らない人が多いもんなあ。
 結局、盛り上がるのはオリンピックが開幕してからで、メダルの数だけで一喜一憂することになるのだろう。オリンピックを目指す選手がどれだけの努力を積んでいるかを報じ、開幕が待ち遠しくなるような盛り上げを図るのも、新聞やテレビの仕事のはずだが…。
 現場のスキー指導者の話を聞いて、そんなことを思った。
posted by アイザワ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。