2005年11月15日

駒大苫小牧、明治神宮野球大会も優勝! 手がつけられない強さだ

 夏の甲子園連覇の快挙を達成したと思ったら、秋季国体でも優勝。そして今度は明治神宮野球大会の頂点に立った。これで今年3度目の日本一。こんな芸当は、どんなに好素材を集めた高校でも、まずできるものではない。駒沢苫小牧の強さはホンモノだ。

 選手では、やはりエース・田中将大がすごい。150キロ近いストレートとキレのよいスライダー、鋭く落ちるフォークを織り交ぜた投球は、すでにプロ並み。高校生では、まず打てそうもない。
決勝のスコアも5−0。当然のごとく完封してしまった。
 それになにより闘争心をむき出しにしたプレーが、見る者を熱くさせる。3年生で迎える来年が楽しみだし、ドラフトでは大騒ぎになるに違いない。

 また、その田中に頼ることなく、しっかり得点する打線、しっかり守る守備も見事。この2年間の駒大苫小牧の活躍によって「北国のハンデ」など、死語になりそうだ。
posted by アイザワ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。