2006年01月11日

創刊当時の「紙のプロレス」が捨てられない

 新たな気分で仕事をするため、部屋を整理することにした。まず、やらなければならないのは、大量に積まれている本や資料の処分だ。
処分といっても、ものを書く仕事をしているせいか、ゴミとして出すのには抵抗がある。保存状態がいいものはブックオフに持って行って売る、状態が悪いものは図書館で引き取ってもらう、それも無理そうなものや雑誌類は、やむなくゴミに出す、という判断基準で、本を仕分けした。
その作業中に奥から出てきたのが、創刊当時の「紙のプロレス」だ。今の私の仕事のスタンスでいえば、プロレスは対象外。資料的価値はないから優先的に処分すべきものだ。雑誌だし、一度は捨てる分類に入れた。が、なんか気になって捨てられない。
「紙のプロレス」は去年まで発刊していたが、面白さでは創刊当時の方が上まわっていたと思う。プロレス&格闘技好きの人たちが、その場の乗りと勢いだけで作っていたような雑誌で、そのいい加減さが大好きで愛読していた。
捨てようとした本の山の一番上にあったのが、1995年10月に出た20号。表紙は角田信朗とアンディ・フグ。巻頭グラビアに登場しているのは、ユセフ・トルコ、上田馬之助、遠藤幸吉の3人。なんというマニアックなラインアップだろう。現在は、K1のプロデューサーとして知られる谷川貞治が、サダハルンバ谷川という名前で、「夏にクーラーは是か非か」なんて、ワケのわからないテーマを熱く語っている。
95年といえば10年前だ。紙プロ20号を見ていたら、この10年でいかに時代が変わったかを実感した。表紙を飾ったアンディ・フグは、もうこの世にはいない。グラビアでポーズをとっている上田馬之助は事故に遭って苦闘している。この頃には陰も形もなかったK1が、一世を風靡し、谷川プロデューサーは辣腕を振るっている。また、角田信朗はテレビの人気者になっている。
悲しいんだか、喜ばしいんだか、なんと表現したらいいか、わからない大変貌がここにはある。
そんなことをページをめくりながら、考えていたら、創成期の紙プロを捨てられなくなった。

紙プロファンだったのだから、K1、PRIDEなどの総合格闘技の熱烈ファンになっていなければ、おかしいのだが、今ひとつついていけてない自分がいる。
時代の移り変わりと、それに対する自分を見つめるために、紙プロはとっておくことにした。

 話は変わるが、数日前「私が注目するアスリート」で取り上げた高校バスケ・並里成選手の中学時代のチームメイトからコメントをいただいた。本当に凄い選手という話。コメント感謝です。
posted by アイザワ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

お見事! 野洲高イレブン。高校サッカー決勝は楽しませてもらった

 全国高校サッカー選手権決勝は野洲(滋賀)が鹿児島実業を2−1で下した。
 正直言って、この結果は予想外だった。
 確かに野洲はどの選手もテクニックはある。その技を駆使したクリエイティブなサッカーは相当の力量がなければできない。が、それでも鹿実の総合力には跳ね返されると思っていた。
 準決勝までの鹿実は、つけ入る隙のない圧倒的な強さを見せていた。とくに感心したのは守備。高い位置でプレッシャーをかけ、相手に攻め込ませない。今大会はここまでの4試合すべて完封勝利。野洲の選手にいくらテクニックがあるといっても、ゴールをあげるのは至難の技だと思っていた。
 実際、試合のほとんどを支配していたのは鹿実。が、野洲は数少ない攻撃機を得点に結びつけた。とくに驚いたのは、同点に追いつかれた後。鹿実相手に同点で延長戦になったら、精神的に萎えても仕方がない。なんとか守り抜いてPK戦に持ち込もうという気持ちが生まれそうなものだ。ところが、したたかにカウンターを狙って、延長後半に勝ち越した。そのゴールまでの展開も見事。まず、速いパスで左から右へサイドチェンジ。この大きな展開に、鹿実DFにほころびが生まれたと思う。そこから、一度中央に攻め込んで、ヒールで再び右サイドへ展開。それを後方から走り込んだ選手が、折り返し、押し込んだ。
 ここまで、まったく隙を見せなかった鹿実DFが右に集中し、ゴール前に野洲の選手2人がフリーで駆け込んでいた。最後の最後で、疲れ切っている状況で、こんなプレーができるのは、すごい。注目の青木も巧かったが、それ以外の選手も十分巧いと思った。立派な高校日本一だ。
 もちろん、こんな緊迫した試合になったのは、鹿実の強さがあったから。鹿実イレブンにも拍手を送りたい。
posted by アイザワ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

松井秀、井口のメジャー組、WBC辞退。なんで、ブーイングが出ないのだろう

 ヤンキース・松井秀に続いて、ホワイトソックス・井口が、野球世界一決定戦「WBC」の出場辞退を表明した。これを知った王・日本代表監督は明らかに怒っていたし、テレビでは野球評論家の張本勲氏が文句を言っていた。が、スポーツマスコミやファンからは、表立った批判の声は上がっていない。
 これがサッカーだったら、大騒ぎになっているはずだ。W杯日本代表に選ばれた選手が、ケガもしておらず、「所属するチームで活躍する方が大事だから」という理由で出場を辞退したら、大ブーイングが起こることは必至。人気はガタ落ちだろう。
 もちろん、サッカーのW杯と野球のWBCを同列に見ることはできない。W杯は世界中が注目する、ある意味オリンピック以上の大イベントだ。一方、WBCは今年スタートする海のものとも山のものとも分からない大会。参加国も一部の地域に偏っていて世界が注目するわけではない。
 開始のいきさつも、メジャーリーグ主導で各国の足並みが揃ってはいなかった。肝心のメジャーだって、大会を成功させるために全球団が総力を結集させてはいない(実際、ヤンキースからは選手はひとりも出ないという説がある)。そんな評価の定まらない曖昧な大会に、開幕前の大事な時期、野球人生を賭けて海を渡った松井や井口が出たくないと思う気持ちも分からないではない。
 だが、オリンピック競技から野球が外されることになった今、野球を世界的な競技として認知させるためにWBCは大切な大会。それが分かっているから日本球界も全面協力する体制をとった。
 松井、井口の出場辞退は、それに水を差す行動といわざるを得ない。
 スポーツマスコミから、批判が出ないのは分かる。とくに松井は、悪い評判がまったくない人格者。「あの松井の決断なら仕方がない」という思いが記者たちにあるのではないか。井口もそれに近いものがある。
 だが、本当に野球界の今後を考えたら、彼らの決断に対し、苦言を呈してもいいのではないか。
 私は正直言って松井と井口には失望している。
posted by アイザワ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校ラグビー決勝は点差は開いたが、試合内容は見どころの多い好ゲームだった

 高校ラグビーは決勝になって、やっと地上波の中継があった。というわけで、今大会では初めて試合を生で見ることができた。
 試合は伏見工(京都)が桐蔭学園(神奈川)を36−12で破り、5年ぶり4回目の優勝を達成した。スコアを見ると、伏見工のワンサイドだが、伏見工のプレーだけが光っていたわけではない。桐蔭学園も相当レベルの高いプレーをしており、決勝戦に相応しい好ゲームだったと思う。
 目についたのは両チームのハンドリングの確かさ。イージーなノックオンなどがなく、しっかりボールをつないでいた。レベルが高いから個人技一発では抜けない。2次攻撃、3次攻撃と意図した連続攻撃で相手を崩そうとしていたところも見事だった。
 伏見工が勝ったのは、試合運びの巧さがあったからだ。攻め込まれても、相手の反則を誘ったり、タッチに逃れたりして攻撃のリズムを作らせなかった。攻撃に転じると、ここぞというところで、とっておきのサインプレー(たぶん)で相手を崩し、トライを積み重ねた。テレビの前で何度「巧い!」と叫んだことだろう。
 ここまでの過程を見ず、いきなり決勝を見たせいかもしれないが、両校のレベルがやけに高く感じた。でも、実際にレベルは高いはずだ。
 たぶん今後の高校ラグビーは、レベルの高い地域と、そうでない地域の差は、さらに大きくなりそうだ。レベルの高い関西、関東、九州(とくに福岡・長崎あたり)が、ベスト8を占める。それ以外の地域は3回戦までで姿を消すという状態だ。
 それなら、全国47都道府県の代表を決めて選手権をやらなくていいじゃないかという声も出てきそうだ。バスケのウインターカップ同様、レベルの高い決勝戦を目の当たりにすることで、現場には地域によるレベル差があることを改めて感じさせられた。
posted by アイザワ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

私が注目するアスリート その3 バスケットボール・並里 成選手(福岡第一高)

 昨年暮れの高校バスケ・ウインターカップ決勝の観戦レポートでは、まったく触れなかったが、ひとり「凄い」と思わせる選手がいた。優勝した福岡第一高のポイントガード・並里成選手だ。
 身長170センチ。高校バスケ界でも小柄だ。2メートル超のセネガル人留学生が2人いる福岡第一のチームでは、ひと際小さく見える。
 しかも1年生だ。その並里が、高校日本一のチームのいわば指令塔を務め、ベスト5にも選ばれた。身長のハンデを補うスピードとテクニックがあったからだ。
 並里のプレーを見ていたら、田臥勇太が頭に浮かんだ。田臥も能代工時代、小柄ながら超高校のスピードとテクニックで見る者を驚かせた。「田臥2世」とまで言っていいかどうかは微妙だが、これからの成長次第では、それだけの存在になると思う。
 出身中学の欄を見ると、コザ中学。沖縄の中学校だ。おそらく、沖縄で目立っていたため、日本一を目指す福岡第一に入ったのだろう。
 まだ高1だし、身長も伸びるかもしれない。肉体面でも精神、技術面でも順調に伸びてくれれば、本当に「田臥2世」と呼ばれるようになるはずだ。
posted by アイザワ at 23:45| Comment(31) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

高校ラグビー・準決勝まで地上波の中継がないなんて。ラグビーのマイナー競技化は、ますます進みそうだ

 暮れから正月にかけて行われる恒例の全国高校ラグビー大会と全国高校サッカー選手権が、大詰めを迎えた。
 5日はラグビーが準決勝。第一試合は桐蔭学園(神奈川)が大阪工大高を12−10で破って、初の決勝進出。第2試合は伏見工(京都)が東海大仰星(大阪)を15−10で破って、5年ぶりの決勝に駒を進めた。しかし、この10年間で9校が決勝に進出している大阪勢が、すべて準決勝で姿を消したのには驚いた。高校ラグビーの取材を長年やってきた関係で、各都道府県の力関係は感覚的に分かっているが、その中でも大阪から出てくる代表校の完成度は群を抜いている。選手のほとんどが小さい頃からラグビースクールで鍛えられ、技術、戦術とも高いレベルにある。全大会まで4連覇していた啓光学園をはじめとして、当分大阪の天下が続くと思っていた。その大阪勢を準々決勝で啓光学園、準決勝で大阪工大高と立て続けに破った桐蔭学園は凄いとしか言いようがない。
 サッカーは準々決勝。鹿児島実業、遠野(岩手)、多々良学園(山口)、野洲(滋賀)がベスト4に勝ち残った。今日はテレビで鹿実−滝川二(兵庫)、多々良学園−鹿島学園(茨城)の試合を見たが、鹿実の守備の固さ、大事なところできっちり得点する勝負強さは一枚上と見た。やはり優勝候補の一番手だろう。
 ところで、サッカーは従来通り地上波(日テレ)で中継をしているのに、ラグビーは準決勝になっても中継をやらなくなってしまった。CS放送とインターネットの中継があるが、これではよほどラグビーが好きな人でなければ見ない。
 他の競技にも言えることだが、高校での部活は日本のスポーツの基盤という位置づけにある。ここを魅力あるものにし注目度を高めないと、そのスポーツを志す選手がいなくなる。実際、各都道府県の予選では、単独では選手数が足りず複数の高校で合同チームを作って参加するケースが多くなっている。テレビ中継がなくなって魅力が伝えられないと、ますます選手は少なくなるだろう。
 どうして、この部分を盛り上げる努力をしないのだろう。
 このままじゃ、ラグビーのマイナースポーツ化は加速する一方だ。
posted by アイザワ at 22:47| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地味な日本人メジャーリーガー大家友和を応援する

 ちょっと前の話だが、去年の大晦日、クルマで実家に向かう時にラジオを聴いていたら、NHK第一にメジャーリーガーの大家友和(ミルウォーキー・ブリュワーズ)が出ていた。
 大家といわれても、ピンとこない人も多いかもしれない。テレビでは、プレーが放送されることはめったにない。「思いつく日本人メジャーリーガーの名をあげよ」というクイズが出ても、まず忘れられてしまう地味な選手だ。が、メジャーでの成績は立派なもの。7年間で43勝52敗。この勝利数は野茂、長谷川に次いで3位だ。その大家が、メジャーに挑戦したいきさつやメジャー生活、日本でのクラブチーム創設、地域密着型スポーツ振興などについて、ラジオで語っていた。
 もともと寡黙なのだろう。言葉を選びながら、とつとつとインタビューに答えていた。
 気の利いたコメントはないし、言葉もポンポン出てこないから、はっきりいって聴きづらい。だが、それを補って余りある野球人としての前向きで真っ直ぐな心情が言葉に表れていた。女手ひとつで育てられ、母親に楽をさせたい一心でプロを目指した話、頑張るだけでは成功できるとは限らない厳しい世の中だが、それでも夢をあきらめず、精一杯やることが大事だという話などなど、心に響く話がたくさんあった。また、ここまで来れたお返しとして、滋賀県にクラブチームを作って、後進を育てたいという話にもグッときた。
 地味だけど、ハートを持った選手・大家。応援したくなった。
posted by アイザワ at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

箱根復路は改めて駅伝のコワさ、難しさを教えてくれた

 まずは、2日前の日記の訂正から。PRIDEのヒョードル−藤田戦が見ごたえがあったと書いたが、あの試合って、昔にやったやつだった。新年早々、すっかり格闘技オンチをさらけだしてしまった。スポーツを書くことが多いライターといっても、すべてをフォローしているわけではないのだ。最近は格闘技の記事は書いていないし…。
 言い訳はこのくらいにして、話は箱根駅伝の復路。
 今回ほど、予想をくつがえす展開になった箱根駅伝も珍しい。芦ノ湖をトップでスタートしたのは順大。2番手は選手の顔ぶれでは群を抜いている駒大。てっきり、順大と駒大のマッチレースになると思って見ていた。7区への中継所でトップは順大、8区への中継所でも順大。駒大も2位につけていたし、ここまでは予想通り。ところが、順大の8区・難波が脱水状態に陥り、フラフラになってしまった。これがドラマの幕開け。
順大に変わってトップに立ったのは駒大だから、こりゃ5連覇濃厚だなと思った。ところが、亜大の9区・山下が区間賞の快走を見せてトップに。でも、アンカーの亜大・岡田直と駒大・糟谷では、キャリアでも実績でも糟谷の方が断然上。これで駒沢の5連覇は決まりだと思った。
ところが、亜大・岡田は快調に走り続ける。糟谷は精彩なく、どんどん差をつけられた。結局、亜大が逃げ切り、初優勝を飾った。
これ以外でも、中大が失速したり、早大がシードの位置から脱落したり、ケニア人以外はコマ不足と見ていた山梨学院大が2位に入ったりと、思わぬドラマが続いた。
テレビを見ていた人の中には、駒大や早大の失速を見て、「何やってんだ」と思った人もいるだろう。脱水状態になったら別だが、そうでもないのに遅れるのは、根性がないとも。
ところが、ひとりが20キロ前後を走る箱根駅伝は根性でどうなるもんじゃない。選手や指導者に話を聞いたことがあるし、私自身もロードレースに出ることがあるから分かるのだが、失速する時は体が言うことを聞いてくれないのだ。一般人が走ってゼーゼーいうのとは違う。彼らは、ゼーゼーなんていっていない。呼吸はそんなに苦しくない。それよりも足が動いてくれないのだ。
これはもう、計算外のこと。日によって微妙に違う体調の問題。走ってみなければ分からないことだ。
そこへいくと、まったくの無印で優勝した亜大は、不調の選手がいなかった。区間賞をとったのは9区・山下だけ。他は8区・益田が区間2位になったぐらいで、とりたてて目立った選手はいない。が、みんな区間7位前後でまとめて、総合力で勝った。
勝負を左右するのは、素材ではなく、練習の量や質の違いでもない。運なども含めて、さまざまな要素が絡み合って順位が決まるのが箱根駅伝。その不可思議さを再認識させてくれたのが、今大会だったと思う。
posted by アイザワ at 00:53| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

箱根往路で一番目立ったのは…

 1月2日のスポーツといえば、やっぱ箱根駅伝だ。今年も7時前には起き、お雑煮を作って食べ、スタートからジックリ見た。
 箱根駅伝の面白さは、データ通りにことが運ばないことだ。好タイムを出してエース扱いされても、本番では精彩を欠くことは多い。持ちタイムはなくても、駅伝になるとがぜん強さを発揮する選手もいる。この意外性がドラマを生む。
 今回もそうしたシーンはいくつもあった。1区では新興の中央学院大学の1年生・木原が区間賞を取るという意外性があった。同じ1年生なら、高校時代、仙台育英の優勝に貢献した順大の佐藤秀和の方が有名。だが、その佐藤は区間11位に沈み、無印の木原が快走を見せた。
 花の2区は実力ナンバー1と見られた日大・サイモンが区間19位の大ブレーキ。山梨学院大・モグスが次元の違う走りで区間賞をとった。
3区は、東海大のスーパールーキー・佐藤悠基が区間新の快走。実は、佐藤悠は当日記の「注目アスリート」で触れようと思っていた逸材。予想通りの走りだった。彼の新人離れしたエピソードは周辺から聞いているので、いつか書くつもりだ。
4区は地味でとくに印象に残らなかったが、5区はやっぱり順大の今井だ。昨年同じ5区で11人抜きをやって、凄い選手だと思ったが、その後は故障で鳴かず飛ばず。だが、箱根では復活し、6位から5人抜きの大逆転。往路優勝に貢献した。箱根にはこういうタイプの選手がいる。他の競技会には運が向かず結果が出ないが、箱根になるとなぜか活躍できるというタイプ。今井は3年。来年、もう一度今井の走りが見られる。今から楽しみだ。
100人の選手が走ったが、一番印象に残ったのは、やっぱり今井だな。
posted by アイザワ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

スポーツ観戦に暮れ、明けた。今年もやっていることは同じ

 父親が一人暮らしをしている実家に来ている。ここにもパソコンはあるのだが、今ひとつ勝手が違って、日記を一日休んでしまった。で、なんとか問題を克服して日記を書いている。
 ということで、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

 大晦日はPRIDEにK1、元日はニューイヤー駅伝に天皇杯決勝。スポーツ観戦に暮れて明ける相変わらずの年末年始だ。これらのスポーツイベントで最も見ごたえがあったのはPRIDEだった。吉田−小川戦もそれなりに面白かったし、他のカードも緊張感にあふれていたが、私自身が印象に残ったのはヒョードル−藤田戦だ。藤田の見るからに破壊力満点のパンチ、それをまともに食らって一度はダウンしたものの、冷静に電光石火の技を出して逆転勝ちしたヒョードルの格闘センスには舌を巻いた。
 格闘技にはマニアックなファンが多いから、ちょっと触れないでおいたが、PRIDEは見ごたえ満点で触れずにはいられなかった。

 今年もスポーツはまんべんなく見てレポートしていくつもりなので、よろしく!
posted by アイザワ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。