2006年01月04日

箱根復路は改めて駅伝のコワさ、難しさを教えてくれた

 まずは、2日前の日記の訂正から。PRIDEのヒョードル−藤田戦が見ごたえがあったと書いたが、あの試合って、昔にやったやつだった。新年早々、すっかり格闘技オンチをさらけだしてしまった。スポーツを書くことが多いライターといっても、すべてをフォローしているわけではないのだ。最近は格闘技の記事は書いていないし…。
 言い訳はこのくらいにして、話は箱根駅伝の復路。
 今回ほど、予想をくつがえす展開になった箱根駅伝も珍しい。芦ノ湖をトップでスタートしたのは順大。2番手は選手の顔ぶれでは群を抜いている駒大。てっきり、順大と駒大のマッチレースになると思って見ていた。7区への中継所でトップは順大、8区への中継所でも順大。駒大も2位につけていたし、ここまでは予想通り。ところが、順大の8区・難波が脱水状態に陥り、フラフラになってしまった。これがドラマの幕開け。
順大に変わってトップに立ったのは駒大だから、こりゃ5連覇濃厚だなと思った。ところが、亜大の9区・山下が区間賞の快走を見せてトップに。でも、アンカーの亜大・岡田直と駒大・糟谷では、キャリアでも実績でも糟谷の方が断然上。これで駒沢の5連覇は決まりだと思った。
ところが、亜大・岡田は快調に走り続ける。糟谷は精彩なく、どんどん差をつけられた。結局、亜大が逃げ切り、初優勝を飾った。
これ以外でも、中大が失速したり、早大がシードの位置から脱落したり、ケニア人以外はコマ不足と見ていた山梨学院大が2位に入ったりと、思わぬドラマが続いた。
テレビを見ていた人の中には、駒大や早大の失速を見て、「何やってんだ」と思った人もいるだろう。脱水状態になったら別だが、そうでもないのに遅れるのは、根性がないとも。
ところが、ひとりが20キロ前後を走る箱根駅伝は根性でどうなるもんじゃない。選手や指導者に話を聞いたことがあるし、私自身もロードレースに出ることがあるから分かるのだが、失速する時は体が言うことを聞いてくれないのだ。一般人が走ってゼーゼーいうのとは違う。彼らは、ゼーゼーなんていっていない。呼吸はそんなに苦しくない。それよりも足が動いてくれないのだ。
これはもう、計算外のこと。日によって微妙に違う体調の問題。走ってみなければ分からないことだ。
そこへいくと、まったくの無印で優勝した亜大は、不調の選手がいなかった。区間賞をとったのは9区・山下だけ。他は8区・益田が区間2位になったぐらいで、とりたてて目立った選手はいない。が、みんな区間7位前後でまとめて、総合力で勝った。
勝負を左右するのは、素材ではなく、練習の量や質の違いでもない。運なども含めて、さまざまな要素が絡み合って順位が決まるのが箱根駅伝。その不可思議さを再認識させてくれたのが、今大会だったと思う。
posted by アイザワ at 00:53| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。