2006年01月08日

松井秀、井口のメジャー組、WBC辞退。なんで、ブーイングが出ないのだろう

 ヤンキース・松井秀に続いて、ホワイトソックス・井口が、野球世界一決定戦「WBC」の出場辞退を表明した。これを知った王・日本代表監督は明らかに怒っていたし、テレビでは野球評論家の張本勲氏が文句を言っていた。が、スポーツマスコミやファンからは、表立った批判の声は上がっていない。
 これがサッカーだったら、大騒ぎになっているはずだ。W杯日本代表に選ばれた選手が、ケガもしておらず、「所属するチームで活躍する方が大事だから」という理由で出場を辞退したら、大ブーイングが起こることは必至。人気はガタ落ちだろう。
 もちろん、サッカーのW杯と野球のWBCを同列に見ることはできない。W杯は世界中が注目する、ある意味オリンピック以上の大イベントだ。一方、WBCは今年スタートする海のものとも山のものとも分からない大会。参加国も一部の地域に偏っていて世界が注目するわけではない。
 開始のいきさつも、メジャーリーグ主導で各国の足並みが揃ってはいなかった。肝心のメジャーだって、大会を成功させるために全球団が総力を結集させてはいない(実際、ヤンキースからは選手はひとりも出ないという説がある)。そんな評価の定まらない曖昧な大会に、開幕前の大事な時期、野球人生を賭けて海を渡った松井や井口が出たくないと思う気持ちも分からないではない。
 だが、オリンピック競技から野球が外されることになった今、野球を世界的な競技として認知させるためにWBCは大切な大会。それが分かっているから日本球界も全面協力する体制をとった。
 松井、井口の出場辞退は、それに水を差す行動といわざるを得ない。
 スポーツマスコミから、批判が出ないのは分かる。とくに松井は、悪い評判がまったくない人格者。「あの松井の決断なら仕方がない」という思いが記者たちにあるのではないか。井口もそれに近いものがある。
 だが、本当に野球界の今後を考えたら、彼らの決断に対し、苦言を呈してもいいのではないか。
 私は正直言って松井と井口には失望している。
posted by アイザワ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校ラグビー決勝は点差は開いたが、試合内容は見どころの多い好ゲームだった

 高校ラグビーは決勝になって、やっと地上波の中継があった。というわけで、今大会では初めて試合を生で見ることができた。
 試合は伏見工(京都)が桐蔭学園(神奈川)を36−12で破り、5年ぶり4回目の優勝を達成した。スコアを見ると、伏見工のワンサイドだが、伏見工のプレーだけが光っていたわけではない。桐蔭学園も相当レベルの高いプレーをしており、決勝戦に相応しい好ゲームだったと思う。
 目についたのは両チームのハンドリングの確かさ。イージーなノックオンなどがなく、しっかりボールをつないでいた。レベルが高いから個人技一発では抜けない。2次攻撃、3次攻撃と意図した連続攻撃で相手を崩そうとしていたところも見事だった。
 伏見工が勝ったのは、試合運びの巧さがあったからだ。攻め込まれても、相手の反則を誘ったり、タッチに逃れたりして攻撃のリズムを作らせなかった。攻撃に転じると、ここぞというところで、とっておきのサインプレー(たぶん)で相手を崩し、トライを積み重ねた。テレビの前で何度「巧い!」と叫んだことだろう。
 ここまでの過程を見ず、いきなり決勝を見たせいかもしれないが、両校のレベルがやけに高く感じた。でも、実際にレベルは高いはずだ。
 たぶん今後の高校ラグビーは、レベルの高い地域と、そうでない地域の差は、さらに大きくなりそうだ。レベルの高い関西、関東、九州(とくに福岡・長崎あたり)が、ベスト8を占める。それ以外の地域は3回戦までで姿を消すという状態だ。
 それなら、全国47都道府県の代表を決めて選手権をやらなくていいじゃないかという声も出てきそうだ。バスケのウインターカップ同様、レベルの高い決勝戦を目の当たりにすることで、現場には地域によるレベル差があることを改めて感じさせられた。
posted by アイザワ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。