2006年01月10日

お見事! 野洲高イレブン。高校サッカー決勝は楽しませてもらった

 全国高校サッカー選手権決勝は野洲(滋賀)が鹿児島実業を2−1で下した。
 正直言って、この結果は予想外だった。
 確かに野洲はどの選手もテクニックはある。その技を駆使したクリエイティブなサッカーは相当の力量がなければできない。が、それでも鹿実の総合力には跳ね返されると思っていた。
 準決勝までの鹿実は、つけ入る隙のない圧倒的な強さを見せていた。とくに感心したのは守備。高い位置でプレッシャーをかけ、相手に攻め込ませない。今大会はここまでの4試合すべて完封勝利。野洲の選手にいくらテクニックがあるといっても、ゴールをあげるのは至難の技だと思っていた。
 実際、試合のほとんどを支配していたのは鹿実。が、野洲は数少ない攻撃機を得点に結びつけた。とくに驚いたのは、同点に追いつかれた後。鹿実相手に同点で延長戦になったら、精神的に萎えても仕方がない。なんとか守り抜いてPK戦に持ち込もうという気持ちが生まれそうなものだ。ところが、したたかにカウンターを狙って、延長後半に勝ち越した。そのゴールまでの展開も見事。まず、速いパスで左から右へサイドチェンジ。この大きな展開に、鹿実DFにほころびが生まれたと思う。そこから、一度中央に攻め込んで、ヒールで再び右サイドへ展開。それを後方から走り込んだ選手が、折り返し、押し込んだ。
 ここまで、まったく隙を見せなかった鹿実DFが右に集中し、ゴール前に野洲の選手2人がフリーで駆け込んでいた。最後の最後で、疲れ切っている状況で、こんなプレーができるのは、すごい。注目の青木も巧かったが、それ以外の選手も十分巧いと思った。立派な高校日本一だ。
 もちろん、こんな緊迫した試合になったのは、鹿実の強さがあったから。鹿実イレブンにも拍手を送りたい。
posted by アイザワ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。