2006年02月04日

潜水で何メートルまで進めるか。バラエティ「Qさま」で快記録を連発した芸人たちの頑張りに脱帽

 今日は、インタビューのテープ起こしという単調な作業を終日していたせいか頭が働かない。
 で、昨日見たバラエティ番組「Qさま」のことを書く。番組でやっていたのは、お笑い芸人の潜水でどれだけの距離を進めるかのチャレンジだった。これに触れようと思ったのは、芸人たちの頑張りに感動を覚えたからだ。
 最初にチャレンジしたロバート・秋山は75メートル。次に、ペナルティのワッキーがチャレンジして71メートル。そして最後に出てきた安田大サーカスの団長は、このふたりを一気に抜く76メートルまでいった。これは非公式だが、日本歴代4位の記録になるらしい。
 普段、たいして鍛えてもいない芸人が、日本で4位の記録を出すのだから、この競技自体、マイナーなのだろう。競泳の選手なんかが、チャレンジしたら、簡単に記録を伸ばすはずだ。
 だが、それを割り引いたとしても、70メートル以上、潜水で進めるのはすごい。私も昔、潜水でどこまでいけるか、遊び半分でやってみたことがあるが、25メートルで苦しくてやめてしまった。そんな経験があるせいか、70メートル以上行くことが、どれだけ大変なことかが分かる。
 笑いは身体表現でもあるから、面白い芸人は運動神経がいいことが多い。だから、プロのアスリートに近いことをやってのけたりするが、それ以上に彼らのバラエティの一コーナーであっても全力を尽くす姿勢、負けず嫌いの精神には脱帽した。一種のスポーツを見ているような感動があった。
 私も草野球で芸人のチームと試合をすることがあるが、彼らはいつでも真剣勝負だし、全力でプレーする。そういう姿勢でなければ、人を笑わすという仕事はできないのかもしれない。
 芸人たちの凄さを再認識した。
posted by アイザワ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。