2006年02月07日

村上ファンド・村上世彰には、呆れた

 村上ファンドの村上世彰氏が講演で、大量保有する阪神電鉄株を外資のゴールドマンサックスに売却することを示唆したという。そうなった場合は「ゴールドマン・タイガースになる」とも言ったそうだ。まだ、売却が確定したわけではないが、呆れた話だ。
 昨秋、阪神株の買占めが報じられた時、当日記では、資本主義ならそれも当然と肯定的に書いた。だが、それには前提がある。村上氏は阪神ファンという触れ込みだった。それならファンの気持ちを踏みにじるようなことは、よもやするまい、株での利益追求が背景があるにせよ、阪神電鉄(タイガースをふくむ)の株価を上げるためのビジョンを持っていると思っていた。旧態依然の経営を続け、人気が落ちてきたら慌てふためく球界を、合理的な発想で変えてくれるという期待感もあった。
 が、それは買いかぶりだったようだ。株買占めから半年も経たないうちに、外資から有利な条件を出されたら売るという。この行為にビジョンはない。志もない。ただのマネーゲームだ。
 プロ野球球団は、ファンの多さからいっても影響力の大きさからいっても、公共のものといえる。それを村上(もう氏なんかつけない)は、「私」のために利用しようとしている。ファンの気持ちも踏みにじっている。私は別に阪神ファンではないが、好きな球団に対して、そんなことをされたファンの気持ちは察して余りある。仮にゴールドマン・タイガースになったとしても魅力がなくなるとは限らないが、ファンは長年親しんだ「阪神」に愛着があるのだ。
 自分の利益ばかりを考えて、その辺をないがしろにする無神経。村上はサイテーだ。
posted by アイザワ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。