2006年02月09日

大越龍之介選手、高校アルペンで2冠達成

 冬季インターハイ・スキー競技が、秋田県鹿角市でひっそりと始まり、ひっそりと終わった。
 でも、全国大会だけあって出場する選手は、それなりに多い。たとえば男子のアルペン・スラローム(回転)は160人ほどの選手が出ている。他にクロスカントリー、ジャンプ、複合の各種目があるし、アルペン種目やクロスカントリー種目には女子も出てくるから、トータルすれば500人以上が参加しているだろう。
 強豪高校は、この大会に賭ける意気込みもハンパじゃない。私が知っている北海道の名門は、夏場はニュージーランドで合宿、シーズン直前には韓国へ行ってトレーニングを積む。そのためにかかる少なくない費用は、家庭が負担。世間的には注目されないが、選手や親と言った当事者たちは、大変な情熱をこの大会に注いでいるのだ。
 その延長線上に、今、世間が注目し始めたトリノ五輪の代表選手がいる。競争は厳しいが、ここから大半の五輪選手が育つ。
 こういう大会が開催されていることを、マスコミがまったく報じないのは不思議でならない。

 というわけで影響力は無に等しいが、今大会の優勝者を紹介しておく。
 アルペン競技
 男子回転=大越龍之介(北海道・東海大第四)
 男子大回転=大越龍之介(東海大第四)
 女子回転=岩田佳央梨(日大山形)
 女子大回転=水口かおり(富山第一)
 ノルディック競技
 クロスカントリー・男子10キロ・クラシカル=清水康平(北海道・和寒)
 同・男子15キロ・フリー=長岐章公(秋田・鷹巣農林)
 同・男子4×10キロリレー=山形・真室川高校
 同・女子5キロ・クラシカル=小林由貴(新潟・十日町)
 同・女子10キロ・フリー=丸山未紀(長野・飯山南)
 同・女子3×5キロリレー=十日町高校
 ジャンプ男子=平元陽介(新潟・新井)
 複合=鈴木亮(秋田・花輪)

 以上のみんな、おめでとう!
 それ以外の選手もよく頑張った。お疲れさん!
posted by アイザワ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。