2006年04月09日

楽天・野村監督がかっこよく見えた番組

 プロ野球の監督に取材する機会は結構あるが、野村克也監督には会ったことがない。
 が、知り合いの新聞記者で、いい印象を持っている人は少ない。私自身、外から見ていても好感が持てないタイプだ。とにかく、ぼやく。理想が高いのかもしれないが、選手のことを平気でこき下ろす。私はスワローズびいきだが、スワローズの監督時代も、優勝した時は感謝したが、説教くさくてチームが明るくなりきれない部分は、なんとかしてくれないかと、いつも思っていた。おまけに、あのサッチーをやりたい放題させているのも、なんだかなあという感じだった。
 ところが、NHKのBSでやっていた「スポーツ大陸」という番組を見て、ちょっと印象が変わった。弱い楽天をどう再生させるかをテーマにしたドキュメント。これまでの印象通り、ぼやきまくり、怒りまくり。だが、直接選手に対しては、やる気をなくさせるようなことは決して言わない。怒る時も、そんなことじゃプロとして食っていけない、生きていけない。だからキツいことをいう。一見冷たいようだが、選手のことを思っているというか、なんとかよくしたいという思いが感じられた。逆境から這い上がってきた人だけに、逆境にある選手たちに対してはやさしいのだ。
 時間はかかるかもしれないが、楽天は少しずつ強くなっていくのではないか、と思った。
posted by アイザワ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニキ・金本が作った連続試合全イニング出場世界タイ記録は本当に凄い

 阪神のアニキこと金本知憲外野手が、8日の横浜戦で903連続試合全イニング出場の世界タイ記録を作った。金本はこの試合も元気いっぱいだったから、9日の試合でこれまでの記録保持者カル・リプケンを抜いて、同記録単独世界一になるのは確実だ。
 本塁打数や案打数のようなプレーの記録と違って、連続出場記録は今ひとつ注目されないが、プロの野手とすれば大きな勲章だ。まず、出続けられるというのは、チーム内の競争に勝ち抜き、監督に使い続けたいと思わせる実力を持っている証明だ。ケガをしたり、病気になったりしない強じんな身体を持っていることも必要。タフでなければならないし、少々の痛みは我慢する根性も欠かせない。
 それにただの連続試合出場だったら、不調の時は代打を送られることもある、代走や守備固めの選手にとって変わられることもある。逆に1打席だけでも出れば、連続試合出場継続だ。
 が、全イニングとなると、打撃も守備も走塁も、それ以上の選手はいないと思わせなければならない。903試合といえば足かけ9年、そんな状況を続けているのだから、金本は本当に凄い。
 阪神ファンが「アニキ」といって慕い尊敬するのも解る。
posted by アイザワ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

アスリートが新たなスタートを切る時

 娘の入学式(高校の)に行ってきた。肌寒かったが、会場の周囲は桜が満開。花びらが舞い散る中のいい式だった。
 フィギュアの浅田真央の中京大中京高の入学式も報じられていた。全国的に7日を入学式にする高校が多いのだろう。さまざまな競技に、多くの少年少女たちが、足を踏み入れる時期でもある。エリートではないが、うちの娘もバドミントンをやってきたから、高校でも続けることになるだろう。
 高校生だけでなく、大学に入った選手も、社会人でも続ける選手も、新たな環境で競技に取り組む日々が始まる。指導者が信頼のおける人か、チームの体質が自分に合っているか、本当にいい環境かどうかは、これから分かる。それによっては競技力にも大きな差が出る。スポーツは、かなり運に左右される世界だ。
 でも今、新たなスタートを切ったアスリートたちの多くが、「部活をやってよかった」と思えるようになってほしいと思う。
posted by アイザワ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

「Qさま」で時速190キロの超スピードボールを捕った芸人の根性に感服

 芸人が自ら身体を張ってクイズを出すバラエティ「Qさま」を見た。
 今回のクイズは、時速200キロのボールをキャッチできるかというもので、改造ピッチングマシンが投げる超高速ボールに、アンタッチャブルの山崎とインパルスの堤下がチャレンジした。
 回答者に元巨人の元木が出ていて、「無理です」と言っていたが、私もそう思った。
 取材で何度かプロのピッチャーの投球をキャッチャーのすぐ後ろから見たことがある。投球練習だから、出ていても時速140キロ程度だったろう。それでも風を切る「シュルルル」という音をあげながら飛んでくるボールは迫力満点だったし、恐怖も感じた。
 また、草野球でしばらくキャッチャーをやっていて、110キロクラスのボールを受けていたが、ミットの芯(人差し指のつけ根あたり)で受け続けると、手がしびれたし、その衝撃は手を伝わって脳天まで響いたことがある。
 そんな経験を踏まえると、時速200キロどころか、150キロだって無謀だと思った。
 ところが、山崎も堤下も、150をクリアし、怖がりながらも、170、180、190とクリアしていった。さすがに時速200キロでは、ふたりとも捕れず、クイズは引分けに終わったが、190キロまで逃げもせず、キャッチした芸人の根性は見事だった。
 きょうびの芸人は身体を張ってナンボというところはあるが、それでもこれだけのことをやってのける芸人は偉い。山崎と堤下のことを見直した。
 ところで、これと同じ挑戦、大久保博元あたりにやってもらいたいなあ。そうすれば、山崎と堤下のやったことのすごさが解るはずだ。
posted by アイザワ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

気合のピッチャー・松井光介が、プロ初登板した

 東京ヤクルトの新人右腕・松井光介が、巨人戦でプロ初登板した。
 松井は社会人・JR東日本時代から、応援していたピッチャーだ。何がいいかって、一球投げるたびに、うなり声を上げるのだ。気合が入って、つい声が出てしまうらしい。
 都市対抗野球では応援合戦がすごくて、声なんか聞こえないが、もっと小さな大会の観客の少ない球場での試合では、客席まではっきり聞こえる。
 クールなピッチャーも魅力はある。だが、松井のように闘志を前面に出したピッチャーは、見ている方も燃える。
 今回は打ち込まれてしまったが、古田プレーイングマネージャーは、自らの手のひらで気合のこもったボールを感じている。少々打たれても、まだ登板のチャンスは与えるだろう。
 これからも応援するぞ!
posted by アイザワ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

ヤクルトのルーキー・武内は、あの智弁和歌山の怪物君か

 選抜高校野球は、準決勝まで見事な試合を見せていた清峰が、ボロボロになってしまった。
 センスあふれるエース・有迫も疲れが出たんだろう。こういう崩れ方をするのも高校野球だ。
 ところで夕方、ある編集部に行ったら、知り合いのライターが、この試合のことを話題にした。大差をつけているのに、横浜は容赦なく攻め続けた。それをどう思うかという。手を抜けとまではいわないが、盗塁とかしないで、普通に打てばいいと思ったらしい。21点も取られた清峰ナインの姿を見るのが、いたたまれなかったようだ。
 だが、私は、あれは当然だといった。どんなに大差がついても、全力で戦うのが相手に対する礼儀でもある。10点以上つけた状況で、送りバントやスクイズなんかやったら、さすがに嫌な感じだが、横浜はそれをしなかったし、正々堂々と攻めた。
21−0。清峰にはつらい試合だったろうが、こういうことがあるのも野球。準決勝まではすばらしい試合を見せたのだし、胸を張っていい。この悔しさを夏につなげてほしい。
その後、家に帰って久々でプロ野球中継を見た。ヤクルトー巨人戦だ。
今年は、色々と忙しくて、新人選手のチェックなどできていないのだが、ヤクルトの6番に入ったルーキー・武内を見て記憶がよみがえった。5年前、智弁和歌山が全国制覇した時に打ちまくった選手であることを思い出したのだ。どっしりとした構えは高校生とは思えない風格があった。フォームも軸がぶれず、パワーあふれる打球を広角に打ち分けていた。「怪物だ」と思ったことを覚えている。その武内が早稲田で実績を積み、プロ入りしていたのだ。
私としたことが、チェックもれしていたとは。今日はチャンスで打てなかったが、あのセンスがあれば、確実に活躍できると思う。要チェックの選手がまたひとり増えた。
posted by アイザワ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清峰・有迫の野球センスはすごい

 高校野球記者の評判では、選抜大会でもっともセンスがあるのはPLのエース・前田ということだった。が、その前田と投げ合った清峰のエース・有迫にはそれ以上のセンスが感じられた。
 PLの選手といえば、野球エリートばかり。その抜け目のない打者を相手に、打ち気がないと見れば大胆にストレートでストライクを取りにいく、打ち気に出れば、スライダーなどで交わす。その投球術は心憎いほど。
 その投球術は横浜戦でも見られるか、楽しみだ。
posted by アイザワ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清峰・有迫の野球センスはすごい

 高校野球記者の評判では、選抜大会でもっともセンスがあるのはPLのエース・前田ということだった。が、その前田と投げ合った清峰のエース・有迫にはそれ以上のセンスが感じられた。
 PLの選手といえば、野球エリートばかり。その抜け目のない打者を相手に、打ち気がないと見れば大胆にストレートでストライクを取りにいく、打ち気に出れば、スライダーなどで交わす。その投球術は心憎いほど。
 その投球術は横浜戦でも見られるか、楽しみだ。
posted by アイザワ at 01:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

身近で接した選手の動向は、やはり気になる

 新聞の運動部記者や専門誌のライターは特定のチームにくっついて取材をするから、選手と接する機会も多い。その点、私のようなフリーは、何かの企画が立たないと取材することはないから、選手と接する機会は限られる。
 とはいえ、プロ野球、Jリーグをはじめ、さまざまな競技に、会って話を聞いたり、間近でプレーを見た選手が結構いる。
 前にも書いたが、去年の夏は、アマチュア野球の世界一決定戦、IBAFワールドカップの日本代表チームの合宿に同行し、取材をした。
 その時の代表メンバーで、今年プロ入りしたのは、広島―梵、中日―藤井、ヤクルトー松井、楽天―草野、河田の5人。このうち、ピッチャーの松井を除く4人は、すでに一軍デビューを果たしている。ヒーローになるほどの大活躍はまだしていないが、一軍で十分通用するプレーは見せており、親戚でもないのに、なんだかホッとしている。
 でも、チーム状態が悪い楽天に入った草野と河田は、プレーできることの喜びも今ひとつだろうなあ。負けることが大嫌いな彼らが、負け続ける状況に甘んじなければならないのだから。
 いい流れが来るときはあるはずだから、気持ちを切らずに頑張ってもらいたい。
posted by アイザワ at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選抜高校野球・準決勝2試合は好対照のカードになった

 横浜―岐阜城北、PL学園―清峰(長崎)
 一方は将来を嘱望されたエリート選手が方々から集まって整った環境で英才指導を受け、プロも数多く輩出している超名門私立校、もう一方は地元の並の選手を地道に鍛え上げてチームを作った初出場の県立高校、強くなったのは最近だからプロも出ていない。
選抜高校野球・準決勝の2試合は、ともにこんな対照的なチーム同士の顔合わせになった。
今でも、有力選手を集めた名門私立が強いことは確か。素材で上まわっているのだから、勝って当然なのだ。それに相手チームの選手が「名前負け」して、勝手にコケてくれることもある。
だが、清峰と岐阜城北の選手たちは、名前でビビるようなそぶりはまったくない。清峰には有迫、岐阜城北には尾藤と、センスあふれる左腕エースがいることもあるが、自分たちの力を出し切れば、どんな相手にも勝てると思ってプレーしている。これは監督さんの指導力も大きいだろう。この両校の頑張りは、有力私学の壁にいつも跳ね返されている弱小チームの励みになるはずだ。
清峰と岐阜城北、実にいいチームだと思う。
だが、私は判官びいきで、この2校を応援するつもりはない。エリートだとはいっても、PL学園にも横浜にも、厳しい生き残りの戦いがある。それに勝ち抜き、甲子園で輝こうと思っている選手の野球に賭ける気持ちはよくわかるのだ。
とにかく、4校とも自らの力のすべてを出し切る試合をしてほしい。
posted by アイザワ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

広島のルーキー・梵(そよぎ)が、開幕スタメンを果たした

 パリーグに1週間遅れて、セリーグが開幕した。
 ヤクルト・古田、巨人・原、広島・ブラウンら新監督の采配や、上原、福留、多村などWBC組の動向など、話題は多いが、個人的にうれしかったのは、広島のルーキー、梵が開幕スタメンでプレーしたことだ。
 昨年11月18日のブログにも書いたが、梵は社会人の日産自動車時代から注目していた選手。名前が変わっているだけでなく、そのプレーは切れと正確さがあって、プロで活躍できる逸材だと思っていた。
 9月に行われた野球ワールドカップの日本代表にも選ばれた。WBCではなく、アマチュアを対象とした世界一決定戦の代表だ。その合宿の取材で、山形・鶴岡まで行き、プレーを間近で見た。社会人・大学のトップ選手が揃った日本代表。全員がすごい選手なのだが、その中でも梵は、私の目には、ひと際いい選手に見えた。
 だが、スポーツ新聞のドラフト候補には、梵の名前がない。なぜだと思っていたら、広島が指名した。そして、開幕スタメンを勝ち取った。
 自慢するわけではないが、自分の目で見てすごいと思った選手が、その通りに開幕スタメンに抜擢され、3打数1安打というまずまずの成績を残すと、「オレの選手を見る目も捨てたもんじゃない」と素直にうれしくなる。
 梵英心。小柄だけど、本当に抜け目がなく、走攻守3拍子が揃った選手。
 パリーグでは西武のルーキー炭谷が話題になっているが、セリーグは広島・梵が今年の注目株になっていると思う。
posted by アイザワ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。