2006年04月05日

気合のピッチャー・松井光介が、プロ初登板した

 東京ヤクルトの新人右腕・松井光介が、巨人戦でプロ初登板した。
 松井は社会人・JR東日本時代から、応援していたピッチャーだ。何がいいかって、一球投げるたびに、うなり声を上げるのだ。気合が入って、つい声が出てしまうらしい。
 都市対抗野球では応援合戦がすごくて、声なんか聞こえないが、もっと小さな大会の観客の少ない球場での試合では、客席まではっきり聞こえる。
 クールなピッチャーも魅力はある。だが、松井のように闘志を前面に出したピッチャーは、見ている方も燃える。
 今回は打ち込まれてしまったが、古田プレーイングマネージャーは、自らの手のひらで気合のこもったボールを感じている。少々打たれても、まだ登板のチャンスは与えるだろう。
 これからも応援するぞ!
posted by アイザワ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。