2006年04月09日

楽天・野村監督がかっこよく見えた番組

 プロ野球の監督に取材する機会は結構あるが、野村克也監督には会ったことがない。
 が、知り合いの新聞記者で、いい印象を持っている人は少ない。私自身、外から見ていても好感が持てないタイプだ。とにかく、ぼやく。理想が高いのかもしれないが、選手のことを平気でこき下ろす。私はスワローズびいきだが、スワローズの監督時代も、優勝した時は感謝したが、説教くさくてチームが明るくなりきれない部分は、なんとかしてくれないかと、いつも思っていた。おまけに、あのサッチーをやりたい放題させているのも、なんだかなあという感じだった。
 ところが、NHKのBSでやっていた「スポーツ大陸」という番組を見て、ちょっと印象が変わった。弱い楽天をどう再生させるかをテーマにしたドキュメント。これまでの印象通り、ぼやきまくり、怒りまくり。だが、直接選手に対しては、やる気をなくさせるようなことは決して言わない。怒る時も、そんなことじゃプロとして食っていけない、生きていけない。だからキツいことをいう。一見冷たいようだが、選手のことを思っているというか、なんとかよくしたいという思いが感じられた。逆境から這い上がってきた人だけに、逆境にある選手たちに対してはやさしいのだ。
 時間はかかるかもしれないが、楽天は少しずつ強くなっていくのではないか、と思った。
posted by アイザワ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニキ・金本が作った連続試合全イニング出場世界タイ記録は本当に凄い

 阪神のアニキこと金本知憲外野手が、8日の横浜戦で903連続試合全イニング出場の世界タイ記録を作った。金本はこの試合も元気いっぱいだったから、9日の試合でこれまでの記録保持者カル・リプケンを抜いて、同記録単独世界一になるのは確実だ。
 本塁打数や案打数のようなプレーの記録と違って、連続出場記録は今ひとつ注目されないが、プロの野手とすれば大きな勲章だ。まず、出続けられるというのは、チーム内の競争に勝ち抜き、監督に使い続けたいと思わせる実力を持っている証明だ。ケガをしたり、病気になったりしない強じんな身体を持っていることも必要。タフでなければならないし、少々の痛みは我慢する根性も欠かせない。
 それにただの連続試合出場だったら、不調の時は代打を送られることもある、代走や守備固めの選手にとって変わられることもある。逆に1打席だけでも出れば、連続試合出場継続だ。
 が、全イニングとなると、打撃も守備も走塁も、それ以上の選手はいないと思わせなければならない。903試合といえば足かけ9年、そんな状況を続けているのだから、金本は本当に凄い。
 阪神ファンが「アニキ」といって慕い尊敬するのも解る。
posted by アイザワ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。