2006年05月07日

陸上中距離の星・小林祐梨子、世界との戦いに名乗り

 陸上競技の大阪国際GP大会・女子1500mで兵庫・須磨学園の小林祐梨子が日本記録で2位に入った。テレビで見たのだが、招待された格上のオーストラリア選手やアメリカ選手に臆せず、攻めのレースに徹しての好記録であり2位。高校3年でここまでできる度胸はすごい。以前から、中距離選手としては理想的なフォームや果敢な走りには注目していたが、世界と対等に戦える姿を見て、モノが違うことを確信した。
 また、女子走り幅跳びでも日本記録が出た。更新したのは、「イケクミ」こと池田久美子だ。イケクミは、難病と戦う砲丸投げの森千夏と同じスズキ所属。森選手の分も頑張ろうという思いがあって、この好記録が出たのではないだろうか。勝手に想像しているだけだが、何かジーンとくる記録更新の瞬間だった。好敵手・花岡真帆との戦いが、今シーズンも楽しみだ。
posted by アイザワ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。