2006年08月20日

鹿児島工ナインに感動をもらった

 初戦(2回戦)から、なんとなく気になるチームだったが、準決勝を見て、すっかり鹿児島工の野球に魅了されてしまった。
 ベスト4の中では、チーム力は一番下だろう。他の3校は野球に力を入れる名門私立。優秀な選手が各地から集まってくる。だが、鹿児島工は県立の工業高校。ソフトバンクの川崎宗則こそ輩出しているが、鹿児島県では鹿実や樟南などの壁が破れず、今回が甲子園初出場。才能ある選手が揃っているとは言いがたい。
 とくに準決勝で対戦した早実とはチームカラーが180度違う。早実は早稲田大学の付属で偏差値70。野球部員はスポーツ推薦が大半だが、それでも文武両道の優秀な選手が集まってくる。エース・斎藤に象徴されるようにクールな都会派が揃っている。一方、鹿児島工の選手は野性味満点だ。エースの榎下は斎藤に少しも負けていない二枚目だが、いかにも薩摩隼人といった男らしい風貌。キリッとしたまなざしを持っている。それとムードメーカーの代打屋・今吉晃一のキャラがいい。ずんぐりむっくりの五厘刈り。人の良さがにじみ出る風貌と元気者らしい存在感は野球漫画から飛び出してきたかのようだ。
 そんな鹿児島工ナインが、エリート軍団の早実に完敗した。が、少しもいじけることなく、自分たちにできることは精一杯やったという表情で生き生きとプレーしていた。ナインの笑顔がさわやかだった。
 勝っても負けても泣いていた中迫監督も良かった。あの監督だから、こんな魅力的なチームができるんじゃないだろうか。
 高校野球の魅力を再認識させてくれた鹿児島工ナイン。記憶に残るチームになるはずだ。
posted by アイザワ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。