2006年08月22日

早実・斎藤が使ったといわれる高濃度酸素カプセルが気になる

 夏の甲子園が、早実の初優勝で幕を閉じた。
 2日間の激闘で、スーパーヒーローになったのが斎藤佑樹投手。4連投にもめげず、淡々と好投を続けた。おまけにルックスよし、頭もよさそう、コメントもしっかりしている、とすべてが好印象。こりゃ、ヒーローになるのも無理はない。
 斎藤投手は、センバツ、夏は西東京大会準決勝の日大鶴が丘戦から見ているが、確かに、すごい進化を遂げている。甲子園の決勝も凄かったが、ハラハラドキドキ度では西東京大会決勝の日大三高戦の方が、上だった気がする。
 とにかく日大三に押されっぱなし。何度も危機をしのいで、甲子園行きを決めた。その時から、特別な星のもとに生まれた選手と思っていた。
 延長15回を投げきった翌日、涼しい顔をして好投する姿にも驚いた。怪物といわれた駒苫・田中でさえ、疲労が見えるというのに、140キロ台のストレートを投げ込むのは本当に凄い。相当な基礎体力と精神力があるのだろう。
 それと斎藤投手は、高濃度酸素カプセルを疲労回復に使っていたようだ。あの、ベッカムが故障を直すために使ったというもの。
 こんな超人的な活躍を見せられたら、その効果は大注目されるんだろうな。
posted by アイザワ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。