2006年09月27日

幼児落下事件続報

 予想通り今日、幼児落下事件があったウチの棟は、報道陣で囲まれた。
 早朝は1階エレベーターホールの前にギッシリ。通勤通学のため、出てくる人をつかまえては、情報を集めている。私は午前中外出しなかったため、その取材攻勢には合わなかったが、家で仕事をしていると、ついに彼らが訪ねてきた。
 ピンポ〜ン、ピンポ〜ンと、チャイムが鳴り続け。結局、ドアの外で話をすることになった。
 事件が起こった時の状況を話していると、各社の記者やカメラマンが集まってくる。もう、ほとんど囲み取材だ。私も同業のマスコミ関係者。取材の大変さは分かっているつもりだから、各社のみなさんに同じ話を何度もした。
 で、午前中は仕事はできずに終わり、今度は自分の取材のために外出。
 ある雑誌の企画で、書評家に秋の夜長に読むといいミステリー小説の紹介をしてもらうというものだ。
 その中で、船戸与一の「緋色の時代」が出た。この作品は、人がこれでもかこれでもかと殺される。私も船戸ファンだから、殺戮シーンには引き込まれた方だ。
 が、今日ばかりは、色あせて感じる。フィクションで800人殺されようが、現実で身近なところにいたひとりの子供が落下して死ぬことの方が、やはり衝撃は大きい。
 現実とエンターテインメントの重さの違いを痛感した。
 
posted by アイザワ at 00:09| Comment(41) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

さっき、ウチの棟で赤ん坊落下事件があった

 嫌〜な事件に遭遇した。
 私が住んでいる公団住宅(14階建て)で、さっき赤ん坊の落下事件があったのだ。パソコンに向かっていると、何かが落ちた音がした。外に出て下を見ると、「救急車を呼んでください! 赤ちゃんが落ちてきました」の声。慌てて119番をした。
 それからが大騒ぎ。救急車はもちろん来たが、警察も来て、第一通報者ということで事情聴取を受けた。午前2時を過ぎた今も、大勢の警察関係者で赤ん坊が落下したと見られる地点を囲んでいる。
 なぜ、こんなことが起きたのか、今の時点ではまったく分からない。
 多分、明日は上空をヘリが飛んだり、マスコミが来たりするんだろうな。
 ちょっと興奮していることは確かだが、身近なところで、こんな事件が起こるのは、嫌〜な感じだ。
 
 巨人・桑田のこととか、高校生ドラフトのこととか、スポーツのことを書こうと思っていたのに、ふっとんでしまった。
 
posted by アイザワ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

2年前、高校相撲界を沸かせたふたりの力士が関取になった

 久々の更新だ。
 更新する気になったのは、2年前、高校横綱になった澤井が幕下優勝し、十両昇進を決めたからだ。
 澤井は埼玉栄高出身。その当時から、大相撲で活躍しそうな雰囲気を持っていた。彼には、好敵手もいた。高知・明徳義塾の影山で、大相撲ではひと足先に十両に昇進している。四股名は栃煌山(トチオウザン)。彼も、高校時代から大物感を漂わせていた。
 来場所はプロになったライバルが、関取として対決することになる。この対戦も楽しみだし、外国人ばかりが目立つ大相撲にも、日本人の有望な若手が出てきたことを喜びたいし、多くの人に知ってもらいたい。
 外国人だって、いい相撲を見せてくれればいいんだけど、やっぱり大相撲が盛り上がるためには日本人で強い力士がいないとね。
posted by アイザワ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

夏の甲子園は劇薬だったのかも

 気持ちの浮き沈みは何度も経験しているけど、今回は重症だ。
 更新が滞っているのは、そのせい。
 一応、めぼしいスポーツは見ているのだが、気持ちが盛り上がらないのだ。

 夏の甲子園大会には元気をもらった。早実−駒大苫小牧戦以外でも、感動する試合ばかりだった。高校スポーツの醍醐味をたっぷり味わった。
 だが、あれは劇薬だったのかもしれない。

 やっぱり現場から遠ざかっているせいだろうか。
 大好きなラグビーやアメリカンフットボールがシーズンインしたことだし、元気回復のために現場観戦してこようかな…
posted by アイザワ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。