2006年09月07日

夏の甲子園は劇薬だったのかも

 気持ちの浮き沈みは何度も経験しているけど、今回は重症だ。
 更新が滞っているのは、そのせい。
 一応、めぼしいスポーツは見ているのだが、気持ちが盛り上がらないのだ。

 夏の甲子園大会には元気をもらった。早実−駒大苫小牧戦以外でも、感動する試合ばかりだった。高校スポーツの醍醐味をたっぷり味わった。
 だが、あれは劇薬だったのかもしれない。

 やっぱり現場から遠ざかっているせいだろうか。
 大好きなラグビーやアメリカンフットボールがシーズンインしたことだし、元気回復のために現場観戦してこようかな…
posted by アイザワ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。