2006年01月12日

取材したことがある選手が次々と解雇される現実…、Jリーグの厳しさを思い知る時期

 プロ野球各球団の今季のチーム編成は外国人選手を残してほぼ決定したが、Jリーグは今が真っ盛り。新入団選手内定のニュースがあるかと思えば、解雇される選手の名前も発表される。移籍の話も次々と浮かび、決定したり、白紙に戻ったり。名前が上がっている選手は、落ち着かない日々を過ごしているはずだ。
 サッカーは選手の移動が激しい。選手の顔ぶれがゴッソリ変わり、去年と今年では、まったくイメージが違うチームになってしまうこともある。その変わり様が、新しいシーズンの見どころにもなるのだが、やはり選手の解雇の報は、寂しさを感じる。
 私が取材したことがある選手も何人かが解雇された。いずれも、30歳を越えるか越えないかの年齢だ。その名前を見ると、取材の時にした話が思い浮かぶ。「自分の課題はフィジカルだから、もっと体をいじめないと…」、「クロスの精度を高めたいですね」等々、みんな前向きに抱負を語っていた。日本代表入りを目標としていた選手も少なくない。実際、それだけの力量を持っていた選手はいたし、代表候補に入った選手もいた。それでも力が落ちたと見られれば、解雇通告を受けるのだ。
 「来年は契約の更新をしない」と言われた時は、ショックだろうな。自信があるから、プロになった。その自信もプライドも、一気に崩壊してしまう瞬間なのだから。
 Jリーグでは、現役を退いた後の人生をフォローするキャリアサポートセンターを設置し、職業訓練的な講習を行っている。選手も現役よりも第2の人生の方が長いことを知っている。その現実を受け入れ、様々な職業体験を積む選手も多い。それでも辛いものは辛い。
 勝敗がはっきり出る世界の厳しさを思い知らされる季節だ。
posted by アイザワ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11595124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。