2006年01月13日

小倉隆史、安永聡太郎、増田忠俊… このJリーガーのプレーする場所がないなんて

 私は特定のチームのサポーターではない(応援しているチームは、いくつかあるが)。J1、J2を問わず、どんなカードでも見るし、どのチームにも好きな選手、気になる選手がいる。
 そんな私にとって、今オフの「所属チームからの解雇→移籍リスト入り選手」のニュースは驚きの連続だ。凄いプレーを見せ、何度も感動させてくれた選手の行き先がない。「あの選手が、なんで…」という思いがつのるのだ。
 その驚きの対象、今季の所属チームが決まらず、ひょっとすると現役引退ということになるかもしれない主な選手をあげてみる。
 小倉隆史(前所属・甲府)、安永聡太郎(柏)、増田忠俊(柏)、薩川了洋(柏)、森岡茂(G大阪)、安藤正裕(大宮)、阿部敏之(鹿島)、小島宏美(神戸)、和多田充寿(神戸)、桑原裕義(新潟)、氏家英行(草津)、熊谷浩二(仙台)、秋葉竜児(仙台)、三原広樹(札幌)、辻本茂輝(京都)、白井博幸(湘南)、浮気哲郎(湘南)、小石龍臣(鳥栖)などだ。
 十分活躍し、存在感を示して引退した相馬直樹(川崎)、澤登正朗(清水)、松波正信(G大阪)あたりは納得できるが、移籍リストに載ったこれらの選手は、本人もまだできると思っているだろうし、私もまだプレーを見たい。
 なかでも、このまま終わったら不完全燃焼だろうなと思うのが、小倉、安永、増田だ。
小倉は93年のJリーグスタート時、誰よりも輝いていたストライカーだった。日本代表を背負って立つ点取り屋になると思っていた。ケガに泣かされ、代表では目立った活躍はできなかったが、それでもゴールセンスは抜群。甲府でもその存在感は際立っていた。安永も、ここぞというところで決める大物の雰囲気を持ったストライカー。増田は日本代表にも選ばれたが、やはりケガで活躍の機会を失った。だが、そのキレのあるプレーにはいつもほれぼれしていた。
解雇され移籍リストに載っても獲得に名乗りを上げるチームがないというのは、何か問題があるのだろう。だが、このまま終わるのは惜しい。
仮にJリーグのチームからオファーがなかったとしても、JFLからお呼びがかかったらプレーして欲しい。それがJFLであっても、もうひとはな咲かせるところを見せてもらいたい選手たちだ。
posted by アイザワ at 01:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?o



Posted by e-アフィリ at 2006年01月13日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。