2006年02月11日

小倉隆史の引退が決定してしまった

 3月4日の開幕に向けて、Jリーグ各チームは今季の体制を、ほぼ固めたようだ。
 それに伴ない、所属チームから戦力外通告を受け移籍リストに載っていた選手も、身の振り方の結論を出さなければならない時期になった。で、以前の日記でも書いたが、どんな決断をするかで一番気になっていた選手、小倉隆史が引退することになった。
 小倉ほどのゴールセンス、存在感があれば、J2やJFLからなら獲得したいチームはあったはずだ。が、条件面で折り合わなかったんだろう。
32歳。早いなあ。もう小倉のプレーが見られなくなると思うと、ひとつの時代が終わったようで寂しい。
他の気になっていた選手、柏の増田忠俊は大分に移籍が決まった。が、同じ柏の安永聡太郎はいまだに移籍チームが見つからないようだ。まだ、プレーは見たいのだが…。
posted by アイザワ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。