2006年02月14日

スピードスケート、優勝したJ・チークと加藤条治を分けたものは…

 締切りを2日遅れた原稿を必死で書いていて、仕上がったのが深夜2時。スピードスケート男子500mになんとか間に合った。
 優勝はアメリカのJ・チーク。日本人最上位は及川佑で4位、メダルが期待された加藤条治は6位に終わった。
 テレビ雑誌のトリノ五輪ガイド記事を書くため、データをたくさん集めて分析したから分かるのだが、この結果は勢いの差だ。選手の実力や調子を測る目安は、各国を転戦するW杯。このシリーズで加藤は1・2戦を優勝という最高のスタートを切った。ところが、3戦で19位と大崩れしてしまう。6戦で優勝したが、その後は調整のために欠場し、調子が戻ったのかどうか分からない状態だった。一方、チークは序盤戦は、5位とか6位の地味〜な順位ばかり。だが、直前の9・10戦で連勝して、調子が上がってきていた。及川もそうで、序盤は10位以内にも入れなかったが、9戦目で2位、10戦目で3位に入った。
 加藤の場合、メダル獲得の期待を一身に背負った。あがることを知らない性格だといわれるが、それでも日本中の目が自分に注がれている意識はあっただろう。失敗はできないとか、色んなことを考えたに違いない。
 一方のチーク。アメリカでの注目度は分からないが、プレッシャーは加藤ほどなかっただろう。調子は上がっている。とにかくガンガン行ってやれ、という感じで無心で滑れたに違いない。及川も、それに近い心境だったと思う。
 上位の実力は紙一重。誰が勝ってもおかしくない。勝者と敗者を分けたのは、勢いと、そこから生じる心理の差のような気がする。
posted by アイザワ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13267435

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。