2006年02月23日

荒川静香、村主章枝の平常心に脱帽

 世間は女子フィギュアの話題でもちきりだ(堀江メールもあるけど)。
 スポーツのことを書く機会が多いライターではあるが、実はフィギュアスケートは、得意分野ではない。一応、主な技は知っている。有力選手の顔ぶれや、どのような力関係で競技が争われているかも大体わかる。が、他の競技と比べると、肌合いが異なる感じがあって、フィギュアの原稿はほとんど書いたことがない。
 でも、決して嫌いなわけではなく、中継が行われると、画面にひきつけられる。
 ショートプログラムを見て印象に残ったのは、3位・荒川静香と4位・村主章枝が、余分な高ぶりもなく、固さも見せず、平常に近い気持ちで演技をまっとうしたことだ。ふたりとも五輪経験者ではあるが、この大舞台で、ほぼノーミスのパフォーマンスを見せられるのはすごいと思う。上位にいるコーエン、スルツカヤも大したもんだが。
 今は、ちょっと忙しくて寝不足気味だが、明日の朝のフリーは、なんとしても時間を空けて、彼女たちの演技をしっかり見届けたいと思っている。
posted by アイザワ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

最高のパフォーマンスを最高の舞台で発揮した村主章枝選手
Excerpt: 夕刊フジ「村主メダルへ希望の道…技に走らず異彩放つ」(こちら) Yahoo!スポーツ×スポーツナビ Voice of Torino ボイスオブトリノ 「村主章枝、すべての壁を乗り越えて」(こちら) 安..
Weblog: blog EVERGREEN
Tracked: 2006-02-23 12:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。