2006年02月26日

皆川、佐々木、湯浅、生田の日本アルペン陣、メダルは獲れなかったけど、よくやった

 正直、メダル獲得を期待していた。その分、トップ30の滑りが終わった時は、力が抜けた。
 だが、男子回転に出場した4選手は頑張った。
 皆川賢太郎の4位はすごい。湯浅直樹の7位入賞も予想を超えた好成績。佐々木明は旗門で失敗し、棄権したが、それもメダルを狙って果敢に攻めたからのこと。生田康宏も1本目、不通過の旗門をやり直すため、もう一度上って完走した。勝負は終わったけど、2本目を滑りたいというアスリートの思いが表れた行動だった。拍手を送りたい。

 ともかく、アルペン競技で4位とか7位に入ることは、とんでもない快挙だ。ヨーロッパ各国のアルペン競技の層はめちゃめちゃ厚い。多くの才能が英才教育を受け、地元ヨーロッパの競技会場で、経験を積んで育ってくる。そんな中に、極東の日本から来た選手が、第一シードの15人の中に2人入った。入賞者を2人も出した。
 たとえメダルがなくても、その健闘は高く評価したい。佐々木は24歳、湯浅は22歳と若いし、第1シード当たり前の状況を、これからも続けていってほしい。
posted by アイザワ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本アルペンスキー 男子回転 快挙
Excerpt: メダルは取れなかったが、4位の皆川、7位の湯浅の2人の入賞は、スピードスケート短距離陣の金メダルよりも、大快挙だと思う。 何といっても、冬のオリンピックの花はスキーのアルペン競技であろう。 猪谷さん以..
Weblog: 40歳を直前にした男の発言<スポーツ編>
Tracked: 2006-02-26 12:06

トリノ五輪:アルペン 男子廻轉で快擧!
Excerpt: これには吃驚した。 朝刊を見たら、1本目が終はつたところで皆川選手が3位。 3位といふことは、もし2本目もそのままだつたらメダル? それは凄いことだ。 ネットで檢索したところ、殘念ながら4位。 殘念..
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-02-26 12:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。