2006年04月11日

がんばれ! 斎藤隆

 ドジャースに入った斎藤隆が、メジャー初登板でいい仕事をした。フィリーズとの試合の8回、1死1・2塁で登板し、ピッチャーゴロ併殺。たった4球だが、きっちりベンチの期待に応えた。
 横浜の元エース。日本で15年活躍し、87勝をあげたピッチャーも、メジャーへ行けば、ゼロから実績を積み上げていかなければならない。1試合1試合、1球1球に気持ちを込めて相手を抑え、チームの信頼を勝ち取っていかなければならない。36歳になる斎藤が、すべてをリセットして、原点からチャレンジするのは大変だろう。だが、がんばっている。
 斎藤に限らず他のアスリートも同じだが、こういうチャレンジを続ける姿には勇気づけられる。
 いくつになっても、どんな状況でも、コツコツと積み上げていくことが大事だと思い知らされる。
posted by アイザワ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ドジャース斎藤隆 初ホールド
Excerpt: 前日の試合でメジャーリーグ初登板を果たした斎藤は、この日のピッツバーグ戦にも4番手として登板。 7回ピッツバーグに2点を返され、7−3となった7回二死1、2塁でマウンドに上がった。最初の打者のラ..
Weblog: アメリカンスポーツ・スクウェア ブログ館
Tracked: 2006-04-11 10:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。