2006年04月19日

新庄は、引き際もぶっ飛んでいる

 新庄剛志の突然の引退表明は、偶然ラジオで中継を聴いていたため、生で耳にした。
 ヒーローインタビューのお立ち台で自らマイクを握った新庄は、「みなさんに報告したいことがあります」と切り出した。ホームラン2本を打ち、5打点をあげたヒーローだ。ファンは景気のいい話が聞けると思って、ワーッと歓声を上げた。ところが、話は妙な方向に向かう。「阪神で10年、メジャーで3年、日本ハムで3年プレーした」と。で、「今シーズン限りで引退することを決めた」という言葉が飛び出した時、スタンドの歓声は「キャ〜!」とも「ヒ〜!」とも聞こえる悲鳴に変わった。
 まだ、シーズンが始まって3週間。ホームランを2本も打つんだから、新庄だって故障しているとか、力の衰えを感じたということはないだろう。
 そんな時に、ヒーローインタビューの場で引退宣言なんて前代未聞だ。「宇宙人」といわれた男だけのことはある(それとも、どうしても辞めたくなるような出来事でもあったのだろうか)。
 ファンの反応は二分されるだろう。新庄の最後のシーズンを見ようと、球場に足を運ぶ気になった人もいるはずだ。反対に怒っている人も少なくないだろう。「こんな時期に引退発表なんかして、チームのことを考えているのか」と。たしかに、チームには悪影響を及ぼしかねない。「やめたくなったからやめます」、「最後のシーズンを楽しみます」なんてヤツがチームにいたら、優勝するために必死にプレーしている選手は、反感を覚えるはずだ。「そんなヤツは試合に出さないで欲しい」と思う選手もいるだろう。チームはそんなところから崩れていく。元日ハム監督の大沢親分や張本さんあたりは怒りまくって「喝!」を連発するに違いない。
 契約だって、これからのシーズン、全力を尽くすということを前提として交わす。なのに、こんな時期に引退宣言なんかされたら、詐欺みたいなもんだ。
 ただ、プロ野球選手は個人事業主だ。出処進退は自分で判断する立場にある。前代未聞だが、こういう決断や行為をする選手が出てきてもおかしくはない。それを、ぶっ飛び男・新庄は初めてやってのけた。「チームのため」という考え方が一番大事という浪花節がまかり通る世界から、あっさり飛び出したわけだ。私としては新庄の行為を支持はできないが、プロ野球の体質を変える一石を投じた意味はあると思う。
 ともあれ、残りのシーズン、新庄を見る世間の目、チームメイトの目、マスコミの目が、どうなるかには注目したい。
posted by アイザワ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16745715

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。