2006年04月24日

引退宣言した新庄に、なぜかみんなやさしい

 新庄が引退宣言をして5日が経ったが、思いのほか世間は新庄の決断に対して、やさしい。マスコミも、批判的な記事はあまり載せていないし、ファンからも批難の声は聞かれない。別に期待していたわけではないが、「サンデーモーニング」で、オヤジ感覚でスポーツ選手を切る大沢親分も、張本も、新庄に「喝!」を出さなかった。「あれだけの選手なのだから、辞めないで欲しい」と翻意を促すようなコメントだけだった。オヤジが文句を言わなくてどうする、といいたい。オヤジの古い感覚と、新庄のトンデモ感覚が、ぶつかり合ってこそ、議論は熱くなるのだし、スポーツ選手の引退についての問題も注目されるのではないか。
 新庄も、自分の決断が波紋を呼び、批判も含めて論争などの騒ぎになることを期待していたはずだ。このまま、やさしく引退までの日々を見守ろうっていうんじゃなあ。なんか、拍子抜けだ。

posted by アイザワ at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに自分も期待していたから気持ちはわかりますが、誰にも迷惑をかけていないし誰も傷つけていないしルール違反もしてないのだから批判のし様がないじゃありませんか。
Posted by at 2006年04月24日 03:10
親御さんは「迷惑かけた」って言ってるわけだから少なくとも親御さんのことで批判が来てもおかしくないと思う。
Posted by ヒロ at 2006年04月25日 07:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。