2006年04月27日

金村義明が見た故仰木監督

 昼飯の時、たまたま「徹子の部屋」を見たら、プロ野球解説者(というよりタレントか)の金村義明が出ていた。そこで語っていたのが、恩師である仰木彬監督の思い出だ。
 これがよかった。金村の話だから、笑えるエピソードが多い。だが、そんな中にも仰木監督を慕う気持ち、心底ほれ込んでいる思いが伝わってきて、ウルウルさせられた。話を聞けば聞くほど、仰木さんという人は、やることなすことかっこいい男だ。「仰木」を「男気」と読みたいほど。とくに生前葬をやった話にはグッときた。死を覚悟したうえで監督を引き受けた2005年シーズンを迎える前の12月、仰木さん自身の発案で生前葬を行ったそうだ。費用は全部、仰木さん持ち。香典代わりの会費は一切受け取らず、お返しもしない。そんな生前葬をやったら、野茂、イチローをはじめとする仰木さんを師と仰ぐ多くの選手がかけつけたそうだ。そして2005年シーズン、ペナントレースをしっかり戦い終えてから、この世を去った。生前葬では、「グラウンドで死ねるなら本望」と語っていたそうだ。実際はグラウンドで亡くなったわけではないが、ほぼその通りになった。教え育てた選手たちが、その思い出を心に刻んでいる。これほどかっこいい死に方はない。
 仰木さんが出た福岡・東筑高校は高倉健の母校でもあり、ふたりは親友だったそうだ。ニッポンの男の中の男と呼べるふたりが出た東筑高校とはどんな学校なのか、気になっている。
posted by アイザワ at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も見ました!!その日の徹子。
野球には全然興味がないけれど仰木監督と監督を慕う選手達の話に胸が熱くなり、あんな人が自分の上司や親戚にいたら、どんなにいいだろう・・と思いました。
「清原の花道は俺がつくる!!」って言葉。今時こんな熱い人(いい意味で)なかなかいないですよね。
さて、AIZAWAさんが気になっている東筑高校ですが、北九州では有数の名門校です。頭の良さでは北九州1,2位を争っていて、東筑高校出身と言えば「ほーっ。優秀だね」と言われること間違いなしです。ただし、親世代(昭和10年代?)は通える高校が少なくて誰でも東筑高校に入れたという話も聞いたことがあります。
ご存知かもしれませんが、野球でも有名で高校野球ではたびたび甲子園に行っていると思います。(すみません。野球くわしくないので不確かです・・)
もし東筑高校に行かれる機会がありましたら、堀川沿いにある「橋本食堂(通称:とくちゃん)」の特製ちゃんぽん 200円を食べてみて下さいませ。昔からあるし、近辺の高校生の溜り場なので、きっと仰木監督も食べた味だと思います!!ちなみに私は「クリームぜんざい」がオススメです。甘いものが大丈夫であれば、こちらもどうぞ。
Posted by たおたん at 2006年05月11日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。