2006年05月12日

食品の産地を見ると、その土地が生んだスポーツ選手のことが思い浮かぶ

 日常、家で食べたり飲んだりする飲食物の産地をチェックするクセがある。別に産地にこだわっているということではなく、それがどんな土地でできたのか、単純に興味があるからだ。この日記を書いているのは、お酒タイム。最近は焼酎を飲んでいるので、鹿児島、熊本、宮崎、大分など、九州産が多い。今、飲んでいるのは、大分県日出町で作られたものだ。で、「日出か、ここには日出暘谷高校があるな。自転車競技が強い高校だよな」とか思ったりしながら飲むわけ。熊本だったら、九州学院の末続や熊本工の前田(広島)、秀太(阪神)が思い浮かび、宮崎だったら、ジョニー黒木(ロッテ)、青木(ヤクルト)の名前が出てきたりする。こんなことを、ものを食べたり飲んだりしているわけだ。これも高校スポーツ好きの性(サガ)だろうか。
posted by アイザワ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17695249

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。