2006年05月16日

ジーコはゴールをMFに託すことを決断したのかもしれない

 今回の日本代表発表で最も注目されているのは、久保が落選し巻が入ったことだろう。私も一番頼りになるストライカーは久保だと思っている。それだけにショックだが、キリンカップのスコットランド戦の動きを見ると、不安を感じないではいられなかった。
 ジーコの選択には、賛否がうずまいている。否は、やはり久保を外したことに対するものが多い。だが、詳細な情報は入っているはずだし、久保の今のコンディションでは厳しいと判断したのではないか。
 そう思った時点で、FWでゴールを奪うことは期待せず、MFにその仕事をさせることを決断したような気がする。FWは前線で体を張ることであり、そこでキープしたボールを、テクニシャン揃いのMFに託すと。巻は自分を犠牲にするそんな泥臭いプレーができるし、高原もそんなタイプ。柳沢も自分で打つよりも、生きたボールを出すスタイルの選手だ。
 そういえば、これまでの2回のW杯の6ゴールも、FW3、MF3。本来、点を獲る役目のFWと組み立てをするMFが同じ点数だ。ジーコが育てた鹿島も、FWのゴールは少なく、MFが点を獲るケースが多い。また、ジーコ自身がMFでありながら、ゴールを量産した選手だった(そういえば「マイアミの奇跡」でブラジルを破ったゴールを決めたのはMFの伊東だった)。
 日本の場合、FWはゴールのお膳立てをする役目であり、得点担当はMF。代表の人選を知って、そう感じた。
この構想が吉と出てくれればいいのだが…。
posted by アイザワ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17866548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。