2006年05月27日

同じ日に生まれた世界的ストライカー

 今週後半は、ある雑誌の特集でW杯の記事を書いていたので、頭の中の大部分がサッカーになっている。W杯のジンクスを調べるため、資料調べもずいぶんやった。たとえば、W杯の前年にバロンドール(欧州年間最優秀選手)を受賞した選手がいる国は優勝できないというもの。で、調べてみると、それは本当だった。昨年のバロンドール受賞者はブラジルのロナウジーニョ。ジンクスが生きていれば、大本命のブラジルは優勝できないわけだ。
 そんなことをやっている合間に南米年間最優秀選手もチェックした。南米の選手でもトップレベルは欧州に渡ってしまうので、欧州最優秀選手に比べると、ちょっと格下感はある。が、それでも、バルデラマ、チラベルト、ロマーリオといった、そうそうたる名前が並んでいる。
 その中の個人的に思い入れのある選手がいる。1986年の最優秀選手に選ばれた、アントニオ・アルサメンディだ。80年代ウルグアイ代表のストライカー。リバープレート(アルゼンチン)の選手としてトヨタカップに出場し、決勝ゴールを決めたこともある。
 で、なんで思い入れがあるかというと、私と生年月日がまったく同じなのだ。誕生日が同じというのは結構あるが、年まで同じ人というのはなかなかいない。そういう人が、大好きなサッカーのスターだというのは嬉しいものだ。その事が判明して以来、日本代表の次にウルグアイ代表を応援するようになった。でも、今度のドイツ大会には、ウルグアイは出ないんだよね。
 ともあれ、アルサメンディは今でも気になる人だ。引退後は何をしているのだろうか。ウルグアイのサッカー界の功労者だから、協会で偉くなっているかもしれない。代表監督にならないのだろうか。情報が少ないから分からないが、時どき、そんなことを考える。
 同じ日に生を受けた人物が、どんな人生を歩んでいるか、元気でやっているかは妙に気になる。
いつか彼に会う南米への旅がしてみたい。実はそれが私の夢だ。
posted by アイザワ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。