2006年05月31日

Jリーガーたちは日本代表をどう見ているのか

 世間はすっかりW杯モードだ。サッカー選手といえば代表の23人のことしか話題にならない。一般人は、それも当然だが、代表と同じプロサッカー選手であるJリーガーは、どんな気持ちなのだろうか。私にも、数少ないが友達感覚で話ができる選手がいるので聞いてみた。
「ボクは、ある時点で代表は無理って悟っちゃったんです。プロサッカー選手である以上、カズさんみたいに、いくつになっても代表入りを目標にしていなければならないんだろうけど、代表候補レベルのプレーはやはり凄い。それが現実です。だから、彼らに追いつこうというより、ボクはボクなりのプレーを精一杯やるしかないなと思ってます。
そう割り切っちゃっているから、日本代表は素直に応援しています。チームメイトも、ほとんどがそうですよ。代表選手とは一緒にプレーしているし、どこかに悔しさもあるけど、嫉妬といった感情はないです。ただ、代表がクローズアップされることは、イコール自分のふがいなさを実感させられることでもある。だから、中には不機嫌なヤツもいます。どんな思いを溜めているのかは、聞いてないから分からないですけど…」
 Jリーグには31のクラブがあり、選手は900人以上いる。彼らはアマチュア時代は将来を嘱望され、ほとんどの選手が代表入りを夢見ていただろう。だが、900分の23の現実の前に、大多数の選手が敗れ去る。でも、サッカーが好きだから、素直な気持ちで代表を応援しているのだ。
 日本の多くの目がドイツに向けられている今も、彼らはクラブの練習グラウンドで汗を流している。そのことは忘れないでおこうと思う。
posted by アイザワ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18639858

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。