2006年06月12日

巨人・李のホームランを幻にしたシーンを、なぜ映さなかったのだろう

 ロッテ−巨人の交流戦で巨人・李のホームランが取り消された。そのシーンをテレビ中継で見ていたが、何度もVTRが流され、アナウンサーも「前代未聞」、「史上初の珍プレー」などと言っているのに、肝心の小関が3塁ベースを踏むシーンが映されなかったのは残念だった。
 なぜ、映さなかったのだろう。状況は2アウト1塁。バッターが打った瞬間、1塁走者の小関は当然、全力疾走する。もし、李の打球がスタンドに入らず、フェンス直撃だったら、小関が3塁をまわるシーンは大事になるから、カメラマンとしては押さえておかなければならないはずだ。打った瞬間、ホームランと判断し、小関の動きを追うのを止めてしまったのだろうか。それとも、予算の関係で、中継のカメラの台数が少なかったからだろうか。まあ、史上初の出来事らしいし、ベースの踏み忘れなんて誰も予想できないから、映しもれがあっても仕方がないが、担当のカメラマンは相当悔しい思いをしたはずだ。
 小関は責められない。走塁なんてプロは日常的なこと。ベースを踏んだかどうかなんて、意識することはないはずだ。おそらく、全力で2塁をまわり、3塁に近づいたあたりで李の打球がホームランであることを確認した。そこで、ちょっと力を抜き、つい塁をまたいでしまったのではないか。
 それよりも、そのプレーをちゃんと見ていたサード・今江がすごい。陽性で豪快なプレーが売り物で、大雑把なタイプに見えるが、グラウンド上で起こっていることには神経を配り、しっかり見ている。この辺が、センスがなければ通用しないPL学園の出身者だからか。
posted by アイザワ at 09:21| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前もブログ書いてたんですけど、また始めてみました♪
ぜひ、よかったらコメくださいな★
Posted by モコたん at 2006年06月23日 01:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ロッテ巨人に6戦全勝
Excerpt: ロッテVS巨人の交流戦6戦目が行われてロッテが3対2で勝ち ロッテは巨人に6戦全勝で昨年から合わせると11勝1敗である 今日は李のホームランを防いだ今江のファインプレーに尽きるよ 今の..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2006-06-12 09:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。