2006年06月13日

ジーコ・ジャパン、いきなり崖っぷち

 オーストラリアは予想以上にタフだった。
 日本は自分たちのサッカーができなかったが、オーストラリアの持ち味も出させない試合をしていた。正確なハイボールを上げさせなかったし、トップのビドゥカにも仕事をさせなかった。普通なら、これで試合終了10分前ぐらいまでくると、相手はイラついてくるものだ。が、そうはならなかった。高さがダメなら、下(足)を使い、逆転勝利をもぎ取った。こういうチームを作るのが、名将ヒディンクの手腕なのだろう。
 それにひきかえ…、なんてことをいうのは止めて、残り2戦をなんとか勝ち抜いて欲しい。崖っぷちであることは確かだけど、まだ、可能性がある限り、あきらめずに勝負する姿を見せて欲しい。WBCみたいなことだってあるわけだし。
 ところで、私の知人に、オーストラリア戦は日本で見て、クロアチア、ブラジル戦をドイツに行って見る人がいる。ちょっとツラいものがあるかもしれない。
posted by アイザワ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19195810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。