2006年06月14日

日本代表への失望の理由

 もう、振り返りたくない。残りの2試合に向けて気持ちをきりかえなければならない。そう思っても、つい「昨日の試合はなんだよ」と腹立ち混じりで語り合った人は多かったのではないだろうか。日本代表のW杯第1戦のことだ。
 ここまで失望感があるのは、惨敗してグループリーグ突破が難しくなったという結果だけではない。選手から、伝わってくるものが、あまりにも少なかったからだ。
 もちろん緊張感や重圧はあるだろう。本来の力を出せといっても、難しいのかもしれない。だが、W杯のピッチに立っている喜び、選び抜かれたサッカー選手としてのプライド、それを見せつけてやろうという気迫が伝わってこない選手が多かった。
 私の目に、プレーから何かが伝わってきたのは、ファインセーブを連発した川口、高い相手に仕事をさせないように必死で守った中澤、宮本、攻守のバランスを取るのに苦労していながら、やるべきことを冷静にこなした福西、きついマークに合い、削られながらも、なんとか状況を打開しようとした中村の5人。他の選手も、必死でプレーはしているのだろうが、伝わってくるものが感じられなかった。なんか、いいとこ見せようとしているというか、評価を気にしているというか、シンプルな躍動がなかった。チャレンジしていないのだ。その辺のイライラが、大きな失望感につながっていると思う。
 残りの2試合。たとえ結果はどうであろうと、選手から伝わるものがあれば、世間もそれなりの評価をするはずだ。だが、伝わるものがなければ、ブーイングは必至。日本のサッカー人気にも水を差すことになる。
 選手には、その辺も感じとって、残りの2戦では必死のプレーを期待したい。
posted by アイザワ at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイザワさん、はじめまして。
JOBLOG(ジョブログ)事務局の高橋と申します。
初めての書き込み失礼いたします。

今回は、アイザワさんのブログに、ぜひJOBLOGに
参加していただきたくコメントさせていただきました。

JOBLOGは、ブログから企業の求人情報を発信し
ブロガーさんには掲載していただくだけで報酬を
お支払いする、というシステムです。
ブログが人材と企業を結ぶ架け橋になる
今までにはないタイプの求人情報メディアです。

誠に勝手ではございますが、ご参加いただければ幸いです。
もしご興味がございましたら、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.joblog.jp/blogger/

突然の書き込み、大変申し訳ございません。
お邪魔でしたら削除していただければと思います。

どうぞよろしくお願いします!
Posted by 高橋 at 2006年06月16日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。