2006年06月29日

プロ野球の落日

 W杯は日本が敗退し、決勝トーナメントも準々決勝まで2日間の中断。これでスポーツファンの目がプロ野球に戻ってくるか、と思ったら、地上波での中継がない。
 その中で、ひっそりと行われた横浜−巨人戦は、初先発した横浜の高卒ルーキー山口俊の好投で、巨人が9連敗を喫した。6月の敗戦数は18となり、球団記録を更新中。シーズン当初の快進撃がウソのようなダメぶりだ。
 人気が落ちているといっても、トータルしたファン数は、まだ巨人がダントツで多い。でも、この体たらくじゃ、ファンも離れていくに違いない。「常勝」だから好きというのが、伝統的巨人ファンの気質だからだ。私は個人的には、アンチ巨人派だったが、それは巨人が強かったから。今の状態じゃ、アンチも成り立たないゾ。
 な〜んか、プロ野球の落日を見ているようで、寂しい。

posted by アイザワ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20034777

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。