2006年07月31日

西東京大会決勝・早実−日大三高戦は凄かった

 仕事の手を休めて、高校野球・西東京大会・早実−日大三高戦を見たら3−3。息詰まる好試合だった。
 用事があって、移動しなければならず、クルマのラジオで中継を聴いていたら、さらに息詰まる超好試合になった。
 車中で試合は終わると思っていたが、終わらず、行った先でテレビを見たら、さらに緊張感あふれる、凄い試合になっていた。
 早実のサヨナラの好機を日大三は必死で守る。
 日大三が勝ち越して、早実絶体絶命と思ったら、追いつく。もう一瞬たりとも、目が離せない展開。最後は、押し寄せる危機をしのぎにしのいだ早実が、サヨナラ勝ちで、甲子園出場キップを勝ち取った。
 興奮した。いいものを見せてもらった。
 地区予選とはいえ、高校野球にはこんなドラマがあるから、見逃せない。
posted by アイザワ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

西東京は早実
Excerpt: 今日もNHKで高校野球の観戦でした。なんせ体調が今ひとつなもんですから。 日大三高対早稲田実業の決勝戦。4年連続出場を狙う日大と春夏連続を狙う早実の戦い。 人気校同士の対戦とあって、神宮の内野..
Weblog: うだじむの覆面座談会
Tracked: 2006-07-31 10:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。