2006年08月05日

インターハイ体操団体総合優勝は男子が埼玉栄、女子が藤村女子

 インターハイが行われている。
 観戦にはできるだけ行くようにしているのだが、今年の会場は大阪を中心とした近畿で遠いことと、諸事情があるため行けない。で、テレビでの観戦とインターネットによる結果速報で、状況を確認するしかない。
 いつも思うことだが、テレビ(NHK教育)で放送してくれるのは、限られた競技だ。これまで放送されたのは、陸上競技と剣道。そして今日5日はバレーボール、6日はバドミントン、7日はバスケットボール、8日はウエイトリフティングという予定だ。
 NHKもそれなりに努力はしているのだろうが、他の競技も見たい。ボートとか体操とか。いや、すべての競技。
選手の家族、友達、学校関係者は、その思いはもっと強いはずだ。
マイナー競技は視聴率が取れないからだろうし、中継車を出すには予算もかさむのだろう。だが、教育テレビはもともと視聴率など気にする必要のないチャンネルだし、見たい人がいる以上、放送する努力はしてほしい。インターハイの後援にはNHKが名を連ねているのだし。
競技の方は、多くの種目で決勝が行われている。体操団体は男子が埼玉栄が4連覇、女子は藤村女子(東京)が6連覇。圧倒的な強さを維持している。体操は去年、会場で観戦したが、上位校の選手はスーパーE難度の技に挑戦していた。その勇気あるチャレンジ精神に感動した。今年も見たかったぞ。

posted by アイザワ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21953337

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。